「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

倒産したジオスの海外校での失敗から学ぶ

国際人を養成するためには教育のグローバル化が必要ですが、こうしたポリシーに基づいて、自社の海外拠点を積極的に設置していた英会話学校がありました。それが2010年に倒産した「英会話のジオス」です。

ジオスという名前は Global Education Opportunities & Servicesの頭文字をとったもので、この校名の由来からも、NOVAと似たような教育機会を提供していきたい、というジオスのポリシーが分かります。

そのポリシーにのっとり、ジオスは1990年代にバンクーバー、シドニー、ブリスベン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、台北、イギリスに海外校を設置しました。といっても日本人向けに看板を設置しただけのものです。中身は地元の語学学校で世界中から留学生が来ているところでした。

この海外校はジオスの生徒なら誰でも利用できることができましたから、ジオス日本校であるレベルまで英会話を学習した上で海外校に転校し、実際に海外の生活を体験しながら、日本で学んだ上に、さらに実践的な英語力を磨くことができるようなダブルビジネスのシステムとなっていました。

こうしたシステムは、ジオスが、海外生活体験を通して、英語の背景にある文化や習慣など人を取り巻く環境で学び、理解することを通して表現力をより高めていくことを目的としていました。

これは2000年までは世界全体の留学生の数の30%近くを日本人が占めていた時代であり、バブル崩壊の影響と日本の少子化問題、さらに内向きな若者が増えたのが原因で日本国内の生徒数が激減したことと同じ理由により2010年に倒産にまで至りました。

留学というほど正式でなくても、海外旅行、あるには短期の海外ショートステイを楽しみながら、英語能力を使ってみたい。そうした希望をかなえるメソッドとしては充実したものではなかったかもしれません。

ジオスは、日本国内にも四国にジオスの生徒なら誰でも利用できるクラブを所有していました。そこでは、プール、テニスコート、キャンプ場、サウナなど、盛りだくさんな施設にお金をかけ過ぎ破綻してしまった理由でもあるのです。

昔も今も海外の語学学校と提携関係を持っている学校はほかにはありませんが。自社でこれだけの数の海外拠点を持っていたのはジオスだけでした。このようなビジネスモデルは日本の景気が良かったバブル期とその後の数年の話しでこのようにビジネス展開することは不可能です。

NOVAは2007年12月に上海に大きな海外拠点を設置する予定でしたが、2007年11月に倒産し、破談となりました。同じような境遇をたどったNOVAとジオスですが、今後もこのような大きな投資を必要とする英会話学校には注意したいですね。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village