「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

個人情報漏えいってそんなに起こるものですか?②権限とセキュリティ対策編

※権限とセキュリティ対策

ここまで読んで、「そんなことできるの?スマートフォンっていろいろセキュリティ対策されてるって聞くけど?」と疑問を持たれた方は、とっても正しいです。確かにスマートフォンはパソコンに比べると、とても強固なセキュリティ対策を持っています。少し、それについてご説明しましょう。

スマートフォンは持って歩く、電話、決済(SuiCaなど)に使うといった特性があるため、個人情報、重要情報の宝庫です。また、落っことしやすいので漏洩の危険も大きいですし、利用者の情報知識もパソコンを買う層に比べると低くなります。

そのため、パソコン以上にセキュリティ対策が練られています。たとえば、「権限」です。

コンピュータの利用者には、そのコンピュータにどこまで命令を聞いてもらえるかという「権限」が与えられます。一番便利なのは、何でもかんでも言うことを聞いてもらえる「管理者権限」(ルート権限、スーパーユーザ権限など別名多数)で、パソコンが専門家やマニアのための機械だったころは、利用者はみんな管理者権限を持っていました。

しかし、便利さと危険さは常にトレードオフの関係にあります。管理者権限は非常に危険な権限で、うっかり「パソコンのデータを全部消す」などと命令しても、誰も止めてくれる人がいません。「何でもかんでも言うことを聞いてもらえる王様状態」なので、間違った命令もどんどん実行されて、ときには大変な事態が巻き起こります。

専門家でも間違えて自分のミスに歯噛みすることは多いですから、パソコンが大衆化してくると本格的に、こりゃいかん何か対策を考えなければ、となりました。OSを壊したり、データを吹っ飛ばしたりする人が続出したからです。

そこで出てきたのが権限を制限することで制限された権限しか持たない利用者を制限ユーザなどと呼びます。制限のかけ方にもいろいろあって、たとえば利用者という「人」の単位で制限をかける、一般ユーザ、ゲストユーザや、「仕事」の単位で制限をかける、サーバユーザ、ネットワークユーザなどがあります。

「人」で区分けする場合は、Aさんは詳しいから管理者権限を、Bさんはまあまあだから一般ユーザ権限を、Cさんにいじらせると何するかわからないからゲストユーザ権限を割り振る、といった具合にします。

もちろん、詳しい人だって間違えることはありますから、この場合、Aさんもふだんの作業は一般ユーザ権限を持つIDで行って、絶大な権限が必要なやっかいな作業をするときだけ管理者権限を持つIDに切り替えて仕事をする、のが建前です。

実際には、面倒なので管理者権限を持っている人は管理者権限のまま仕事しているケースが多々あります。管理者権限って便利なんですよね。何でもできるし。で、何かのはずみで人生に一度の大失敗をやらかしてしまい、「あーあ、一般権限で仕事をしていればよかったのに……」と惜しまれながら会社を去ったりする人もいます。

「仕事」で区分けする場合は、サーバで作業するときはサーバユーザ、データベースをいじるときはデータベースユーザ、のようにそれぞれの権限を持ったIDを切り替えて使ったり、「人」に基づいたIDにプリンタをいじる権限とネットワークをいじる権限を足していくなんて方法もあります。よりきめ細かい権限管理が可能ですが、後者の方法を取ると、結局詳しい人や重要人物は何でもできるIDになっていくきらいがあります。

権限の分割は、ちゃんと運用すればセキュリティを守るとてもいい方法です。ちゃんと、というのはその仕事をする上で過不足のない権限がある、という意味です。

今やっている仕事に対して権限が足りなければ、たとえば会議資料を印刷する仕事を頼まれたのにプリンタをいじる権限がなければ、話になりませんし、過剰に権限が与えられれば操作ミスや不正行為の際の被害が大きくなります。

そこでギリギリのところを狙うわけです。これを最小権限の原則と言います。なんだか中学校で習った三権分立の話みたいですが、発想は一緒です。一人にでかい権限を集中させると危険なのです。

この「過不足なく」は、実に言うは易く行うは難しの典型です。そこで、大抵のパソコン利用者はメーカーの思惑とは異なり(メーカーだって実態は十分に把握していますが)、管理者権限を持つIDを1コだけ作り、廃棄するまでそのIDだけで作業を行います。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village