「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

小学校2年生(7~8歳)が取り組むべき英語学習法

幼児期にたっぷり英語に触れ、親しんだらこの時期に始めたいのは英語の「読む」と「書く」です。今までは英語で「遊ぶ」ことが中心でしたが、少しずつ「学ぶ」要素も増やしていきましょう。ただもちろん、楽しむことは大切です。海外のワークブックなどを使うと、ゲーム感覚で取り組むことができます。

7~8歳の英語学習ポイント

1.ワークブックで楽しく学ぶ

「読む」「書く」と聞くと、急に勉強というイメージになり、「難しそう」「おもしろくなさそう」と感じるかもしれません。でも、海外のワークブックは、イラストが多く、クイズのように楽しく取り組めるものがたくさんあります。ぜひ活用してみてください。

2.英語の時間をしっかり確保する

小学校に入学すると、習い事を始めたり、友達と遊ぶ時間が増えたりして、英語に割ける時間が以前より少なくなるかもしれません、でも、工夫次第で英語の時間の確保は十分可能です。毎日少しの時間でも、英語に触れるようにしましょう。

3.日本語力を伸ばすのも大切

小学校で国語の授業も始まり、日本語に接する時間が増えます。実は、これは英語にも役立ちます。日本語でわからないことを英語で理解するのは難しいでしょう。日本語力が上ることは英語力の向上にもつながります。日本語も英語も一緒に伸ばしていきましょう。

1日のどこかで、英語に触れる時間を確保しましょう。例えば、習い事などの送り迎えのときに、社内で英語のCDのかけ流しでもいいでしょう。あるいは、朝30分早起きしてワークブックに取り組むなど、毎日の生活リズムの中に英語を組み込んでください。

小学校に入学すると、こどもは英語以外にも様々なことに興味を持つようになります。その分、英語学習に対するモチベーションを維持するのが難しくなるかもしれません。また、他の習い事をしたり、学校の友達と遊ぶ時間が増えたりして、相対的に英語に触れる時間も少なくなるでしょう。

コツコツ英語学習を継続して学ぶためには、週ごとや日々のスケジュールの工夫も必要になります。

そこで、おすすめしたいのがワークブックです。海外のワークブックは、イラストが豊富で、ゲーム感覚で楽しめるものがたくさんあります。また、やったことが形に残るものもやる気アップにつながります。シールがついているものなどもいいでしょう。1日2ページなど分量を決めて、毎日の習慣にすると継続しやすくなります。

ワークブックで学ぶなら、英語圏のこどもが使うものがおすすめです。見た目もかわいくてこどもの興味を引きますし、ゲーム感覚で取り組めるものが多くあります。これらはアマゾンで買えますが、カラフルで楽しそうな教材を選びましょう。パズルのような問題や、線むすびの問題などは、勉強という感覚もなく、楽しく取り組めます。

せっかく英語圏のこども向けのワークブックを解くなら、日本語に訳したりせず、英語のままで考え、理解するようにしましょう。「読む」「書く」などの英語のルールを習得するには英語圏のこどもたちが使うワークブックが最適です。

また、英語漬けの時間を持たせたいなら英語学童やアフタースクールがあります。小学生が放課後の時間を過ごすところで基本的にすべて英語で、勉強や遊びなどを行います。英会話教室より時間が長く、勉強要素が強いところが多いようです。

一般的な英会話教室では週1回で40分程度です。アフタースクールや英語学童なら週2,3回で1日2,3時間と、長い間、英語漬けになれます。読み書きなど学びの要素も強いのが特徴です。

単に英語を学ぶのではなく、英語を使いながら工作やスポーツなど、様々なプログラムに取り組めるところもあります、忙しいお母さんなら学童と英語がセットというのは、とってもありがたいはずです。安心して仕事や家事に専念できます。

INDEX

NEXT:海外のワークブックで英語のルールを身につける

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village