「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

親子で一緒にできるシャドーイング&ディクテーションと英会話

ある程度、英語が聞き取れる子に挑戦してほしいのが実践的な学習法です。英語がある程度聞き取れるようになったら次のステップに進みましょう。テレビや動画をより学習に役立てるために有効なのが、シャドーイングとディクテーションです。

特にシャドーイングは、こどもでも簡単にできて効果の高い方法なのでおすすめです。動画を観ながら、セリフを追いかけて同じように声を出すのがシャドーイングです。初めのうちは好きなセリフだけでもいいのです。

さらに、文字が読める子なら字幕を読み上げましょう。文字が書ける子なら、聴き取った英文を書きとるディクテーションにも挑戦してみましょう。リスニング力だけではなく、ライティング力や語彙力も強化することができます。

シャドーイングとは、英文を聞いたらすぐに後から影のように追いかけて、同じように声に出す練習方法です。一方、ディクテーションとは、聞き取った英文を書きとる学習法です。リスニング力強化だけではなく、英語力アップに幅広く効果的です。

英語学習の応用ポイント

1.日本語で動画を視聴する

まず、日本語音声や字幕で物語の流れを把握するところからスタートします。DVDや動画は音声の切り替えができ、英語字幕をつけられるものを用意します。

2.英語で動画を視聴する

全体の流れをつかんだら、今度は英語音声で視聴しましょう。このとき英語の字幕をつければ、リーディング力アップに役立ちます。

3.シャドーイングをする

セリフの後に親子で一緒に声を出して追いかけていきます。耳で聞いたまま真似をして、声に出してみます。最初のうちは気に入ったセリフだけでもいいでしょう。

4.文字が書ける子には、ディクテーションをする

文字が書ける子はディクテーションにも挑戦してみましょう。書き取りたい場面で動画を停止・再生させながら進めるといいでしょう。

5.文字が読める子には、音声を消して字幕だけを読ませる

文字が読める子なら、音声なしで英語字幕をつけながら見て、セリフを読み上げるといいでしょう。読みの練習に最適です。

また、こどもに英語に親しんでもらうために、毎日の生活の中で英語を親子のコミュニケーションツールとして、取り入れてみましょう。

英語を身につけるためには、「英語を使う」機会を持つことが大切ですが、なかなかその機会が持てないという家庭も少なくないでしょう。

そんな家庭におすすめしたいのが、「親子で英語で会話する」という方法です。そう言われても、「親が英語を話せない」「親子同士で恥ずかしい」といった理由で抵抗感を持つ人もいるでしょう。でも、そこまで難しく考える必要はありません。

「すべての会話を英語にするのではなく、英語で言えそうなことは英語を使ってみる」というスタンスでいいと思うのです。また、アメリカ人やイギリス人などのネイティブな発音でなくてもいいのです。英語は今や世界のグローバル語となり、発音よりも使えることが大切になりました。

自宅での親子英会話のポイント

1.親が恥ずかしがってはいけない

親が英語を使うのをためらっていると、こどもも英語に抵抗感を持ってしまいます。最初は恥ずかしいかもしれませんが、堂々と使ってみましょう。

2.体験としっかり結びつける

英語を習得するには、言葉と体験を結びつけることが大切です。そのためには、「Oh, my god!」などの簡単英語フレーズを言ってみるなど、その瞬間に合ったフレーズを使いましょう。

3.反復することで身につく

同じ英語フレーズを何度もくり返し使うことで定着していきます。例えば、今週はこのフレーズ、と決めたらその1週間は徹底して使うのもいいでしょう。

まずは5つ好きな英語フレーズを選び、毎日使ってみるのです。それをマスターしたら次はまた5つというように、少しずつ使える英語フレーズを増やしていきましょう。

INDEX

NEXT:プラスで英語力がアップする習い事 合唱・ピアノ教室

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village