「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

知りたい、聞きたい、気になる英語学習Q&A

「これからは、英語はできて当たり前の時代になる」「私が英語ができないので、こどもには幼いうちから英語に慣れ親しんでほしい」など、親の様々な思いを背景に英語教育の低年齢化が加速しています。

しかし、あまり「何歳までに英語をやらせなきゃ」という思いでがんじがらめになってしまうのはよくありません。大切なのは親も一緒に英語を楽しく学ぶことです。それこそが、こどもをやる気にさせる秘訣です。

英会話教室に入れるのもいいですが、そこがこどもにとって楽しい場であることが条件になります。また、教室でやったことを家に帰ってから親子で一緒にやってみるなど、こどもと共に楽しむ姿勢を示すことが、英語が大好きな子を育てる第一歩になるでしょう。

Q1: 英語はなるべく幼い頃から始めた方がいいのでしょうか?

A1: 幼い時期は言葉を学ぶのに適しています。でも何歳からでも遅くはないでしょう。もちろん、幼い頃から英語に慣れ親しむのはいいことです。でも、何歳からがいいかと聞かれれば、何歳でもいいと答えます。自分が必要と感じたとき、学びたいときに始めるのが一番です。

特に、海外旅行で困らないように、というレベルなら大人になってからでもいいでしょう。でも、こども時代だからこそ身につけられることもあります。バイリンガルを目指すなら小学1年生でも構いません。

Q2: こどもが幼く、日本語も未熟なうちに英語を学ばせて混乱しないでしょうか?

A2: 日本で生活している限り、日本語は自然に身につくので問題はありません。幼いうちから英語を学んでいても、日本に住んでいる限り、おそらく英語に触れるのは1日のうち数時間でしょう。そうした環境であれば、混乱することはなく、日本語も自然に身につきます。

Q3: 親は英語ができません。どうやってこどもに英語を教えればいいですか?

A3: 学び直すいい機会と思い、一緒に英語を勉強しましょう。こどもに英語を教える必要はありませんが、一緒に学ぶ姿勢は大切です。「こどもと一緒に英語をやり直す」という気持ちで取り組みましょう。親が学ぶ姿勢を見せると、こどもへのいい刺激になります。

Q4: 親の発音が悪いのでこどもには聞かせない方がいいですか?

A4: 気にせず、こどもに英語を話す姿をみせるべきです。親の発音が完璧である必要はありません。発音はCDや英語の先生に任せればいいのです。でも、親が英語を話す姿を見せれば、こどもにとっては、身近な目標となります

Q5: お金と時間をたくさんかけないと英語は身につきませんか?

A5: 時間はそれなりにかかります。でも、お金のかけ方は工夫次第です。語学学習には、時間がかかるものです。なかなか成果が出ないと思ってもあきらめず、じっくり取り組みましょう。お金もある程度はかかりますが、教材を中古品にしたり、毎回払い性のマンツーマンレッスンを受けるなど工夫はできるはずです。

Q6: 留学など長期間海外に行かせないと英語ができるようになりませんか?

A6: 海外の人と話す経験は必要ですが、それだけでは足りません。留学さえすればいいとは思いません。例えば、現地の語学学校に通うだけで、現地の人とあまり交流しなければ、生きた英語は身につきません。現地の人とたくさん付き合うことです。

Q7: 英語を学ばせるのに親が言ってはいけないことはありますか?

A7: 少なくても「私は英語ができない」とマイナスな印象を与えることを言わないことです。親が「できない」と言っているものは、こどもも「難しそう」「できない」と思ってしまいます。マイナスな言葉は、こどもにあきらめる心を芽生えさせてしまうこともあるので注意しましょう。

また、他の子と比べて「○○君はもっと英語が話せるのに」などと言うのはいけません。あくまでわが子のペースで、根気強く見守ってあげることが大切です。

Q8: こどもに学ばせるとしたらアメリカ英語ですか?それともイギリス英語ですか?

A8: アメリカ英語やイギリス英語にこだわる必要はありません。非ネイティブの英語にもたくさん触れるべきです。世界で英語を話す人の75%は英語が母国語ではありません。それぞれのアクセントで英語を話していますから、むしろ非ネイティブの英語にも積極的に触れるべきです。大切なのは目の前の相手に通じることです。

これからは、アメリカ英語とかイギリス英語といったことにあまりこだわる必要はない時代に突入していくでしょう。英語は世界共通語であり、いろいろな国の人と英語で話すことが、実践的なトレーニングになります。

INDEX

NEXT:小学校1年生(6~7歳)が取り組むべき英語学習法

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village