「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英会話スクールのレッスン料金について

レッスン料金が安いスクールについて説明する前に、まずお伝えしたいのはレッスン料金が安いスクールはあまり有名ではありません。レッスン料金が安いと広告費にお金を使っていないからです。

大手英会話スクールでは、収益の8割近くをテレビCMや電車広告などに惜しみなく費用をかけています。現在、大手と中小規模のスクールでは1回50分のレッスン料金に3000~10000円以上の開きがあります。なぜそんなに違うのでしょうか?

それを理解するには、レッスン料金の原価を知るのが早いと思います。レッスン費用の原価は、人件費(講師、スクールスタッフ)やテナント代、講師やスタッフの教育費、教材制作費、広告宣伝費などです。どの国でもそうですが、都市部の主要ターミナル駅周辺にあるスクールは便利な分、人件費も物価も高くなります。

東京は人件費も物価も高くなっています。特に新宿や渋谷、東京駅周辺のようなターミナル駅周辺は人気のエリアで、英会話スクールの数が多く、周りにビルやホテルも多いため、必然的に値段も高いです。

ですから、価格重視の人には地方をお勧めします。地方といっても横浜や大阪、名古屋、札幌は東京と比べて物価が安いので、人件費、施設代、食費を抑えられます。その代わり、施設は少し古い場合があります。しかし、もし費用を抑えたいなら、こういう環境を理解したうえで地方を選択肢に入れるのがいいでしょう。

人件費の中でも、講師やスタッフにかかるコストには給与とトレーニング費用があります。当たり前ですが、低賃金で優秀な講師を確保するのは難しく、講師のトレーニングにもコストがかなりかかります。トレーニング中は、講師に給与を払わないといけませんが、売り上げにはならないので、講師のトレーニングを行っているスクールが費用を格安にするのは難しいでしょう。

スクールによってスタンスは異なるので、最初から高い給与で講師を雇う大手スクールと、最初は安い給与で雇い入れてトレーニングをしっかりやる中小規模スクールとに分かれます。また、講師だけでなく日本人スタッフにも人件費がかかります。

ですから、ほとんどのスクールがアルバイトを雇用しています。時給1000円で外国人講師と無料で英語を話せる代わりにスタッフとして働いてもらっているのです。しかし、スタッフがアルバイトだけのスクールでもレッスン料金が高いスクールもあります。

ただ、数ヵ月ごとに入れ替わるアルバイトや契約社員ではなく正社員を雇用しているスクールのほうが、サービスが安定するのは言うまでもありません。スタッフは英語学習の相談だけでなく、生活面での相談にも乗ってくれるので、経験あるスタッフがいたほうが当然安心です。

教材にもスクールのスタンスが現れます。独自の教材があるから良いというわけではありませんが、カリキュラムを考え抜いているスクールのほうが生徒にはありがたいです。独自の教材を作るスクールもありますし、市販のものをうまく組み合わせているスクールもあります。

メディアへの露出が激しい大手スクールは広告宣伝費に予算を取っているので、かなり儲かっているか、先行投資をしているのか、他のコストを削っているかのどれかです。英会話スクールに限らず、安いものには必ず理由があります。何かしらのコストを削っているから安いのです。

人件費(講師、スタッフ)やテナント代、食事代、講師やスタッフの教育、教材制作費、広告宣伝費のどれかを削っています。それが自分の許容範囲なら大丈夫です。選ぼうとしているスクールがなぜ安いのか、それが自分に合っているのかをしっかり理解してから行ってください。

英会話スクールの費用には、入学金、レッスン料金、冷暖房費、教材費などが含まれています。その合計費用はグループレッスンで月1万~3万円、マンツーマンレッスン2万~10万円程度で、施設やエリア、レッスン時間などによってかなり違いがあります。

基本的に、費用には必要なもの全部が含まれているので、一旦スクールにお金を払ってしまえばほとんどお金はかかりません。しかし、基本的な費用とは別に必ず必要になるものがああります。例えば、TOEICテスト受験料はどのスクールでも必要です。その上、レッスン中は教室にいるので夏場はクーラーを付けっぱなしにしているため、電気代を別料金にしているスクールがあります。

そして、マンツーマンレッスンに関して言えば、東京以外の地方をお勧めします。横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡などの地方都市でレッスン料金が安いスクールがあります。営業マンに依存しない形でリーズナブルなレッスン料金を実現しています。

INDEX

NEXT:英会話スクールへ通う前の事前学習⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village