「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

日本語が分かる英語ネイティブのメリット

講師も日本語学習者である国内の英会話スクールでは、講師が英語のネイティブスピーカーなのは一つの大きなメリットです。英語はネイティブに学んだほうがいいと思い込んでいる人が多いのですが、日本人の初級者に一番上手に英語を教えられるのは日本語がある程度分かる外国人の英語講師、というのが私の意見です。

それも、帰国子女で発音がキレイな日本人ではなくて、大人になって苦労して日本語をマスターした人に学ぶほうがわかりやすいのです。幼少時代に英語を話せるようになった人は無意識に会話ができてしまうので、第二言語として英語を学ぶ日本人の弱点を理解して教えるのが難しいようです。

英語ネイティブの講師は、英語ができない生徒の気持ちをわかった上で教えてくれます。講師として英語を熟知していることはもちろん大切ですが、それだけでなく、自分が英語学習者としてがんばった経験も講師としての素質に大きな影響を与えているのです。

もちろん、長年講師をしていれば、経験として日本人の弱点もわかるとは思いますが、苦労して日本語を身に付けた人の説明のほうが腑に落ちます。英語ネイティブに英語を学ぶことには大きな価値があるのです。

また、欧米諸国では日本と違い、人口の約1割が海外で暮らしています。そのため、「講師としてキャリアを積んで、自分の英語力もアップさせて海外で働きたい」と考える講師が多くいます。

彼らも英語学習にモチベーションがあり、常に学び続けているので、どんな質問にもしっかり答えられる講師が多いのです。日本語が分からないネイティブの講師に質問すると「そういうものだから」と言われたことでも、日本語が分かる講師に質問したらしっかり理由を教えてもらえた、という経験が私にもあります。

また、アメリカ英語とイギリス英語の違いは私たち日本人の想像より大きく、アメリカ人にイギリス英語について聞いても、「それは英語ではない」と否定することがあります。しかし、優れた講師であれば「イギリス英語」と「アメリカ英語」の違いも教えてくれます。

もちろん、アメリカ人でも優秀な講師はいますし、イギリス人でも質の低い講師もいますので、誤解はなさらないようお願いします。

私は、イギリスやアメリカでの留学も経験していますが、初級者にはマンツーマンレッスンが良いと思います。なぜなら、少人数制といってもグループはやっぱりグループなんです。

語弊があるかもしれませんが、グループレッスンでは「なるべく均等に」「全員にやさしく話す」というように生徒を平均で見ている感じがします。マンツーマンレッスンからは「一緒にやろう」というのが伝わってきます。

発音矯正などはもちろんマンツーマンのほうが良いと思うのですが、私はグループレッスンのほうが講師が優しいと感じました。人数が多いため、英語を嫌いにならないような教え方をしなければいけないからです。

特に、日本語が分かる講師は日本語は母国語じゃないので、英語がわからない気持ちをわかってくれる気がします。私は英語でよく質問しましたが、講師がなんとなく感じ取ってくれました。

日本人と結婚している欧米講師の国民性も日本人に合っています。日本人はシャイな人が多いですが、特に欧米人はフレンドリーで何でも楽しむ講師が多いので、マンツーマンレッスンでも気軽に話しやすいのです。

また、欧米人は若々しく、今を生きて、今を楽しむ力を持っています。そんな彼らには、マンツーマンレッスンをエンターテインメントにする力があります。たとえ日本人の友達同士でも、4時間も話したら疲れてしまいますから、そんな長時間のマンツーマンレッスンができるのは欧米人の特性ゆえでしょう。

さらに、忍耐強い人が多いのも日本在住の欧米人の特徴です。これは、なかなか成果の出ない初級の生徒にとてもマッチしています。レッスンがマンツーマンなので、自分に最適化できます。こういう環境は他にはありません。もし、英語力を少しでもアップさせたくて、週1回のペースで1年間レッスンが取れるのであれば、検討する価値があると思います。

様々なメリットがあるネイティブ講師のマンツーマンレッスンですが、最後に挙げたいのは、何といってもレッスン料金が安くなっていることです。大手英会話スクールの場合、例えばイーオンやベルリッツ、ECCでは50分7000円くらいかかるでしょう。Gabaでは40分6000円ほどかかります。

一方、Atlasではその半分以下の60分3000円で済みます。しかもレッスンが終わった後に直接担当講師に代金を支払うその都度払い制なので安心して受けることができます。ただ、今後は本格的なインフレ傾向により、物価は上がっていくので、ここ数年でレッスン料金は上がっていますし、今後も上がると思います。

もちろん安いに越したことはないのですが、たとえAtlasのレッスン料金がGabaと同じくらいになったとしても、英語学習の一歩目はマンツーマンレッスンがベストだと思います。

INDEX

NEXT:マンツーマンレッスンで学んだ後、国内でできること⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village