「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

私立小学校の英語教育最前線

小学5年生から行われている英語教育が、2020年からは3年生から必修となることがすでに決定しています。教育改革に先駆けて、英語教育に力を入れる私立の小学校も増えています。そして、その授業内容は驚くほどレベルが高いものになっているようです。

例えば、どこにでもある家庭科の授業の中で、先生は英語で指導し、子どもたちも英語で返事をしながら、米を研ぎ、味噌汁の作り方を学んでいるという動画がすでにアップされています。先生は子どもたちの周りを歩きながら英語だけで指導しています。

私立の小学校といっても、文部科学省の指導要綱に則した教育を英語で行っているところがあります。日本のものではない教育を英語で行うインターナショナルスクールとは違うものとして保護者にも強調されています。

1~3年生は国語以外の授業をすべて英語で行い、4年生になると算数や理科、社会を日本語で受けます。これはほぼ全員が中学受験を行うためで、特に英語に注力している私立中学に進学する割合が高いようです。

学校側は学習塾への通学を禁止にする代わりに、学年が上がると授業に中学受験塾の教材も取り入れています。また、希望者には4,5,6年生はアメリカやオーストラリアへ短期留学することもできるようです。

留学参加者は30名程度ですが、日々の英語による授業により、現地の小学生が受けている授業にもスムーズに溶けこめているようです。このような市立小学校設立の背景には、小学校に先立って2000年に設立されたプリスクール(英語による保育施設)があります。

プリスクール卒園後、それぞれが小学校に進むことになりますが、外国人の先生による個性を伸ばす方式ではない、ごく一般的な日本の小学校に進学した中には馴染めない子どももいたため、小学部が生まれた背景があるようです。

また、幼稚部から高校まで一貫教育を行う学校では、小学生向けの英語教育コースがあり、国語以外の全授業が英語で行われています。しかし、3年生になると社会の授業は日本語で行われるようになるそうです。

1年生は学習指導要綱で週25時間が授業の標準時間として定められていますが、それとは別に英語の授業が5時間もある学校もあり、25名程度のクラスにそれぞれ2人の担任が付いています。

このような市立小学校では帰国子女は少ないようですが、25%以上は英語に力を入れている幼稚園から進学してきた子どもだとデータ上にはありました。英語の授業では電子黒板に映し出されたストーリーを読み、先生の発音を真似ています。

さらに、外国人の先生がストーリーにかかわる質問を英語ですると、子どもたちは先生の言葉を理解し、英語で答えます。その後は英語レベル別のグループに分かれ、読書やゲームなどを行っていました。

このコースの設立背景には、国際バカロレア(IB)クラスがありました。欧米でいうところの7年生(中学1年)から始まり、一部科目を除き英語で授業が行われています。普通のクラスへの移籍もできるようですが、IBクラスに進むことが前提とされているようです。

さて、子どもを英語漬けにする親には大きく分けて2タイプあります。一つは、親自身が英語で苦労し、子どもには苦労させまいとするタイプです。そしてもう一つは、海外経験豊富な親が子どもをそのような学校に入れるというタイプでだということが分かっています。

最後に、私立小学校同士の競争が激化する中、徹底した英語教育で生徒募集を行う学校もあるようです。登校するとまず10分間も英語の曲や英文を全員で歌ったり音読したりする活動を行っています。

また、全生徒がオンラインで30分の英会話レッスンを受けていて、普段の授業では生徒が30名程度いるため英語を話す順番が回ってこないため、1対1ならば画面の向こうの先生と話す機会が増えるというわけです。

会話の重視がテストにも表れていて、英語の4技能が100点から4等分されています。さらに、スピーキングのスコアは普段の積み重ねがテストにも反映され、英語を話すラウンジも常設されています。

このラウンジでは外国人の先生と話すこともスピーキングのスコアとして加算され、積極的に行動することでインセンティブになっています。日本人教師だからこそできる教育もあります。英語を母国語としないために生徒がつまずくポイントがわかり、理解しやすい表現などを教えられるというものです。

このように、どの私立学校も英語の4技能全体を向上させることを強調し、英語に強いイメージを世間に高めようとしているのがわかります。ただ英語を目的としているわけではなく、むしろ英語力が上がることで子どもたちが世界への発信力を高めていくことを期待しているところが見受けられました。

今後、徹底した英語教育を受ける世代の英語力が高まれば、世界での日本人プレゼンスも高まっていくのは間違いはずです。

INDEX

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village