「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌駅前/大通エリア)
  • ランゲージハウス札幌
    ランゲージハウス札幌
    (札幌駅前)
  • GABAマンツーマン英会話
    GABA
    (札幌駅前)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

日本人にはどうしても理解できない英語のニュアンスを、マンツーマンレッスンで習う

「外国人から道を聞かれ、上手に答えられなかった」という経験がある人は意外に多く、そのことがきっかけで英会話スクールに通い始めた人もいます。

つまり、簡単な英単語やフレーズがとっさに出てこないということです。仕事では英語で書かれた資料を読んだり、英語でメールを送る機会がある人は読み書きには慣れていても、いざ英語ネイティブと話すとなると、言葉につまってしまうようです。

学生時代は、英語が得意科目であった人は、読み書きオンリーの受験英語には自信がありますが、最近のように訪日外国人観光客が増える中、日本でも英語で話しかけられるシーンは増えていく一方です。

そのような中、答えられないことを繰り返さないためにも、会話力を身につけることも必要です。そのためには、英会話スクールを利用したりするなど英語を口から出す機会をつくっていくことしかありません。

今、多くの人が英語を話す機会を増やしたいと考えているようで、それにはマンツーマンの英会話レッスンが最も効果があることは間違いないようです。当然、スクールに通えば完璧に話せるようになるわけではありませんが、まずは落ち着いて外国人と話せるようにはなるはずです。

通常、英会話スクールには週1回ほどのペースで通うことになりますが、英語ネイティブのマンツーマンレッスンでは日本人が理解できない言葉のニュアンスというものがあります。

特に、ビジネス上での言い回しなどは会議や交渉の場で、相手の意見に同調したい時に「ミートゥー(Me too)」とは言わずに、「ソーアイドゥ(So I do)」を使うというようなことです。

20年前に中学・高校で習ったフレーズが、もはや英語圏では使われなくなっているわけですが、そうした時代の移り変わりについても英語ネイティブがマンツーマンで教えてくれることは貴重であるように思います。

実際のビジネスの場で使える生きた英語というのは、教科書から得られる時代ではなく、英語ネイティブに近い感覚を学ぶことから自然な英会話を身につけることができるようになるということです。

また、時代に合わせた最先端の英語フレーズに自分がアップデートすることで、より実践的な英会話が可能になるというのもあります。

そうした意味で考えると、英語ネイティブからマンツーマンで英会話を習うというのは、とても重要な機会であると思います。まずは、外国人から英語で話しかけられても困らないことが目標になります。

次の記事へ>>>英語の雑談力をマンツーマンレッスンで身につける

<<< ビジネスマンのための挫折しない英語学習方法目次へ

何故、学習効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village