「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

モチベーションが維持できる3つの方法

次に、「学習の目標」以外のモチベーション維持方法を見ていきましょう。

1つめは、どれくらい成長したかを“見える化“して確認することです。人間は、自分の行動がどのような成果につながったかを感じられると、やる気がアップするもの。逆に、成果、が出ているかどうかわからないことを続けるのは苦しいものです。

英語学習は短期間ではなかなか成長を感じにくいので、自分の成長を意識的に“見える化”するのがお勧めです。たとえば覚えた単語の数を記録してグラフ化すると、「学習プランを実行し始めてから、500語も覚えたんだ」 「語彙数が右肩上がりに伸びているな」などと実感できます。英語の本や雑誌を読んだら、1カ月で何冊読んだか、また1年のトータルなどを意識的に数えてみましょうウェブの記事を読む際もプリントアウトし、わからない単語にマーカーで線を引いて調べ、読み終わったらファイリングしておくのがお勧めです。

「これだけの量を読んだんだ」という達成感を味わえるだけでなく、後で見直した時に「この単語はもう覚えたな」と成長を自覚するきっかけになり、モチベーションアップに効果的です。更に、「量」を把握するという点では、英語に触れた時間を毎日記録するのも励みになります。

英会話のトレーニングの際は、ICレコーダーや携帯電話の録音機能を使って自分が話している声を録っておくといいでしょう。3か月後、6か月後、そして1年後と、聞き返してみることで「前よりスムーズに話せているな」「長いフレーズも使えるようになってきた」などと上達を感じられるのではないかと思います。

ライティングも、自分が書いたものはできるだけとっておきたいところ。後で見返した時に、「今ならこんな間違いはしないな」などと自分の成長ぶりを実感できるものだからです。

また、TOEICやTOEFL、英検や国連英語などのテストを活用し、スコアアップを楽しみに勉強を続けるのも一つの方法。ただしその際は、「スコアが伸び悩む時期は誰にでもあるものだ」ということを念頭に置いて、短期間でのスコアの上下で一喜一憂しないようにしましょう。英語の試験は数字ではっきり結果が見えるので、うまく活用するとやる気のアップに大変効果的です。

2つめは、英語学習のライバルを見つけること。

ある企業の役員の方から、「この10年間、英語力が伸びていない。何とかして自分が100%納得できる英語力を身につけたい」という相談を受けた時のことです。私が「人生の中で、自分が『100%納得できる力がついた』といえるものはありますか?」と尋ねると、その方は「ゴルフです」と即答しました。そして、「なぜそこまで頑張れたのですか?」という私の質問に、彼は「ライバルの存在があったからです」と答えたのです。

このエピソードからもわかるように、ライバルの存在は時として非常に大きなモチベーションとなります。特に「競争することが好き」という人なら、ライバルの存在が支えとなることが多いはず。周囲を見渡して「この人がライバルだ」といえる人を探してみましょう。会社の同僚や友達、パートナーなどで、英語を勉強している人はいませんか?身近で見つからなければ、Facebookやtwitterなどで英語学習について発言している人をフォローしたりして見つけてもかまいません。

3つめは、「集団の力」を利用することです。

私は、週末に通訳者仲間と勉強会を聞いています。同じ目標や志を持つ仲間がいると、互いに励まし合ったり、客観的に弱点を指摘し合ったりすることができるからです。また一人では継続できないことも、集団に入って「ほかの人と一緒にやる」「ほかの人のためにやる」環境を作ると、無理なく続けられます。たとえば、時に面倒に感じることがある単語帳づくりも、仲間に「この資料の単語帳は私が来週までにつくっておくから」などと約束すれば「みんなのために頑張ろう」と思えますし、だらだらと先延ばしにすることもありません。

みなさんも、英語を勉強している会社の同僚を募って勉強会を開く、英会話学校などで意識的に友達をつくるといった方法で「集団の力」をうまく活用することを考えてみてはいかがでしょうか。

また、時には「自分をほめる」ことも大切です。繰り返しになりますが、英語学習は、日々努力を重ねても具体的な成長がなかなか感じられないものです。そこで、成長度合いとは別に、「学習プランを実行できたこと」に対する“ご褒美”を準備しておくのです。ご褒美は「毎日○○ができたら、3か月後に有名なお店でケーキを食べる」「△△を読み終わったら、我慢していた××を買う」など、自分がうれしいと感じることであれば何でも構いません。

モチベーションの維持は、英語学習を成功させる鍵です。成長の“見える化”、ライバル、仲間、ご褒美など「モチベーションアップに利用できるものは何でも利用する」というくらいの意気込みで臨んでください。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village