「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

日本語には訳さない

リーディングは、TOEICやTOEFLなどの試験対策としてはもちろん、ビジネスのための情報収集などにも欠かせない重要なスキル。「必要な情報を正確にピックアップする力」はもちろん、「試験で時間内に問題を解き終えられなかった」「仕事に必要な情報を探すのに膨大な時聞がかかった」といったことがないよう、「ある程度のスピードで読める力」も必要です。

では、リーディング力はどのように鍛えていけばよいのでしょうか?具体的なトレーニング法の説明に入る前に、あらかじめ押さえておきたいポイントを2つご紹介しましょう。

1つは、英文を頭から順に読んでいくクセをつけること。英語と日本語は語順が異なるため、受験英語では英文を後ろから訳して日本語に置き換えるのが一般的です。この英文和訳の習慣がリーディング力アップの妨げになっている方が少なくありません。大量の文章を読むのに頭から意味を取れず、いつも“行きつ戻りつ”していては、なかなかスピードアップできないのも当然です。

頭に染み付いた「英文を後ろから読む」という悪いクセを修正し、英語脳をつくるには、通訳の訓練法である「サイトラ(サイト・トランスレーション)」が効果的。サイトラとは、英文を頭から読む際、意味のかたまりで「/(スラッシュ)」を入れて区切りながら語順通りに訳していく方法です。

もちろんリーディングの際は必ずしも日本語に訳す必要はなく、英文を英語のまま理解できればよいというシーンのほうが多いと思います。しかし、初学者ほど「必要がなくても日本語に置き換えながら意味を考えてしまう」という方が少なくありません。これは「後ろから読むクセのために、英文を英語のまま読めない」という状況から脱することができなくなっているためと考えられます。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village