「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

単語力だけでも700点は取れる

以上のようなTOEICの特徴を踏まえて、攻略のポイントを整理していきましょう。

(1)まずは単語力を伸ばすことに力を入れる

TOEICはリスニングセクションもリーディングセクションも、単語を知っているかどうかだけを問う問題が少なくありません。リスニングは「知らない単語が出てきた」というだけでパニックになってしまいがちですし、リーディングでは知らない単語の数が多いと「要点を推測することもままならない」ということになりかねません。単語力を強化するだけでも700点~800点を目指せますから、まずはTOEIC頻出単語を覚えることに注力しましょう。

(2)リスニングは耳を鍛え、解き方のコツを押さえておく

リスニングセクションは、問題そのものは非常に簡単。しかし、英語が聞き取れなければ当然、「まったくわからない」ということになってしまいます。スコアアップを狙うなら、耳を鍛えるのが先決です。まずは、ナチュラルスピードの英語を大量に聞き流す習慣をつけましょう。ナチュラルスピードに慣れれば、TOEICのリスニングは非常に遅く感じるようになるはずです。

もう一つは、リスニング問題の解き方のコツを知っておくこと。たとえばパート1は、英文が読まれる前に写真をよく見て物理的な状況をチェックし、できれば頭の中で英語のキーワードを考えておきます。パート2なら、疑問文の場合は何を聞かれているのか、「5W1H」をしっかり聞き取るのがカギ。パート3、パート4は、できるだけ設聞を先に読んで「聞き取るべきポイント」を押さえておくとスムーズです。

(3)リーデイングは「全部読まず、要点をピックアップして解く」力をつける

リーディングセクションでは先に設聞を見て、「聞かれていること=文章から何をピックアップすべきか」を押さえ、それを探して読むようにしましょう。

効率よく情報を探せるようになるには、TOEICに出てくるEメールや英文レター、ファックス、広告などが通常どのようなパターンで書かれているかを知っておかなくてはなりません。

日本語のメールを読む時は、「冒頭は挨拶だから読まなくていい」「件名が『納期のお知らせ』なら、本文から『納期』という言葉を探してそこだけチェックすればいい」などと判断できるはず。これは、私たちが日本語のメールがどのように展開されるパターンをよく知っているからです。

英文のパターンに慣れるには、TOEICに出てくるような文章をたくさん読み流し、「何をいっている文章なのか」ポイントを拾うトレーニングを積むのが効果的です。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village