「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

TOEIC秘伝受験テクニック 受験直前に使える一夜漬けパート1~7

順調に高得点をキープしているに、あと一歩目標に届かない。そんな人にここで受験テクニックを教えます。

1 ボキャブラリー問題は30秒たってもわからなければ次へ行こう スコアに直結する試験テクニックとして、まず押さえたいのがリーディングの時間配分です。問題数100問に対して制限時間は75分なので、1分1問で回答するこてゃできないのです。

ポイントは穴埋め問題のパート5,6をいかに速く解けるかにかかっています。目安としては1問30秒以内に解いていくことです。そのパース配分で解いていけば、長文解読のパート7では1分1問の長めの時間を使って問題を解くことができるようになります。このペース配分守るコツは「知らない問題はサッサと飛ばしてしまう」ことです。無駄に考えて時間を使ってもパート5,6はぼやくブらりー問題なので知らなければ飛ばしてしまうことです。カンでもいいかと思います。

2 細い線でも機械は読み取るので塗りつぶすより1本線で書け

TOEICだけではなく、運転免許などの試験でもマークシート式(マルチプルチョイス形式)が使用されています。マークの読み取りは、シートのマーック部分に赤外線を当てて、反射した光を感知する仕組みになっています。しかも20段階以上の濃さを感知できるため、1本線でも解答しているとして処理されます。

そのため、塗りつぶす必要もなく、線をひくだけで1秒以上も時間をかせげることになるのです。120問で約2分も時間をかせぐことができることになります。

3 リーディング問題はパート6から解いてみよう

TOEICは読解スピードが重要なですが、特にパート6、7は考えないと解けない問題のため、時間の配分を間違えると、まったく内容を理解できないまま選択肢を選ぶことになってします。コツは単純なボキャブラリー力が問われるパート5を後回しにして、先にパート6,7を解くこと。終了間際の焦った状態では考える余裕がないので、最後は知っているか知らないかだけで問題を処理できるパート5を残しいておきましょう。先に難題を片付けておくことがスコアアップのポイントです。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village