「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

時間配分を制するのが、TOEICパート7を考慮するコツ

とにかく問題料が多く、しかも最後のパートであるため、スピード重視で解いていかなければならないのがパート7です。リーディングのパート5,6を見てみると、全100問を75分で解かなければならないが、特にパート7は48問と約半分を占めています。

たとえば、パート7の問題を1問1分で48分で解くにしても、パート5,6を1問30秒で解いていかなければ、この時間は確保できないのです。ところが、この48分を確保できたとしても、パート7を1問1分で解いていくのは非常に大変です。できれば、パート5,6を1問320秒ぐらいで解き、少しでも多くの時間をパート7に残してくれるとスコアアップが期待できます。

おススメの教材はETCの「新公式問題集」とジャパンタイムズの「新・最強トリプル模試」です。このほか、次々と問題集をこなし、本番さながらの感覚を養うためにリーディング模試の対策本をおススメしています。逆に、時間のない人が短気で本番を迎えるなら学研教育出版の「本番攻略リーディング10回模試」をおススメです。パート5,6,7の100問75分が3回も収録されているため合計225分ですませることができます。

パート7を攻略すrには、読解力、速読力をアップさせるのが必須です。とにかく、パート7で点数を落とす人のほとんどが時間切れによる失敗ですので、この2つのスキルを伸ばせれば、パート7での高得点につながるのです。

まず、速読力と読解力ならば朝日新聞社の「1駅1題 新TOEIC 読解特急」で解けば、問題を解くスピードとリズムを養うことができます。ハンディタイプなので通勤時間を利用して解いていくことも可能です。これらを使いこなしてパート7を攻略していきましょう。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village