「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

中国と韓国の英語力がどうしたっていうんだ?

『日経Kids』という雑誌がある。親が読む子ども教育本か。児童用英語雑誌ではなさそうだが、特集は「英語脳を鍛える最強メソッド」である。「わが子には英語をしゃべれるようになってほしい」とのサブタイトル。なんのために、とも、なんの必要があって、とも問わずの、ありがたい英語大明神様、なのだ。

「0歳から5歳まで」「一日中BGMのように英語のCDを流しておくだけでいい」とか、「幼いころから一定量の英語のシャワーを浴びさせ」て、英語を「聞き取れる耳をつくることが不可欠」いう賛成派があるかと思えば、「小学校の間はあらゆる思考の土台となる日本語の読み書き能力を伸ばすほうがいい」「小学校での英語必修化は有害無益」という反対派まである。が、もちろん雑誌自体のムードは推進モードである。

同誌によると、小学校で英語が必修になっていないのは、アジアでは日本とインドネシアくらいのもの、ということだ。これではさすがに国としてのプライドが許さないのか。たしかに「アジア地域を見ても国の施策としてやっている」ようである。韓国では英語が入社試験の合否を分ける重要な科目となっているらしく、英語は小学校三年から義務化である。

日本のTOEFLの成績はアジアで最低レベル、と嘆く。だがこれとて、実態を正しく反映していないとの批判もあって、もうわけわからん。他の国のことなどどうでもいいじゃないか。

世界の英語教育の実態を書いた記事がある。まず英語の本家のイギリス。住民の70%が英語しかしゃべれないという「外国語オンチ」とされている。成人は自治体の語学教室で外国語を学ぶらしいが、人気はスペイン語、フランス語、イタリア語の順。

英語圏のアメリカも同様、外国語熱は「高くない」とされている。全米の小学生の15%、中学生の80%が学校で外国語を学んでいるようであるが、もちろんそれがどれだけ効果を上げているかどうかは不明。ただアメリカは、「国家安全保障の観点から外国語教育を促進する国家プロジェクトがスタート」したらしい。

英語嫌いで通ってきたフランスは、意外にも大学生の96%、高校生の99%が英語を学んでいる。だが、驚くにあたらない。日本だって、中学生高校生は英語を100%「学んでいる」のである。

中国では「英語を学ぶ国民の総数はすでに3億人を突破した。数年後には英語を母国語とする国の総人口を上回るだろう」と中国教育省が発表したらしい。ただし「大学生の英語能力は低い。同時通訳の人材は不足している」との指摘があるが、幼稚園児・小学生を対象にした英語教室もあり、英語ビジネスが注目されている。

他国の、とくにアジア諸国の英語教育の現況を見て、ケツに火がついたように焦るのであろう。この世界に冠たる日本国ともあろうものが遅れをとっているではないか、と。だったら、もっと独自に本格的に考えればいいのである。すべて後追いではないか。

もしその気なら、外国語大学というのが日本にはいくつかあるが、都道府県に一校ずつでも、英語教育を中心にした高校を作ればいいのである。加えて、国立の外国語大学と英語教師育成のための語学師範学校も作ればいいのである。英語だけではない。フランス語もロシア語も中国語も、中学や高校のどこかの時期に、選択科目に組み込めばいいではないか。

だがそうなると、大学入試のありかたも変えなければならない。語学教育全体のことも考えずに、構造変革もしないで、小手先だけで、なにかやっているという振りだけを見せようとするから、年端もいかない子どもだけにしわ寄せがいくのである。

もし失敗したら、いったいだれが、どんなかたちで責任をとるのか。文部科学省の役人が辞めて、大学の先生になるなんてこと、なんの意味もないのである。どう転んでも自分だけはいつもリスクを負わない文部科学省、と公務員達なのだ。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village