「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

外国人にしては英語が上手いと褒められた

おまえ、よくこんな程度で、「ふつうの日本人には英語なんか必要がない」なんてコラムをよく書けるな、とお怒りの方がおられようかと思う。だが、しゃべらせてみれば英語ペラペラの人間にいわれるよりは、多少共感してもらえるのではないか。

わたしの英語学習の目的は単純明確であった。大学を休学をし、1年間、ヨーロッパ・ヒッチハイク旅行を無事乗り切るための英語、である。高度な英語力が必要なわけではなかった。ようするに旅行英語であり日常会話である。

ただスウェーデンのイエテボリでは不動産屋(アパートの1室)を訪ね、交渉し、契約し、1カ月半の滞在後、その地を出発するときには、バイトから税金まで取りやがって、だれがスウェーデンなんかに税金を払うものかと、しかるべき事務所にいって免税手続きまでしたのである(が、結局返ってこなかった)。

今思うと、わたし程度の英語で、よくあんなことができたものだと不思議である。たぶん必死だったのであろう。日本に帰ってくる頃には、殊勝にも、帰ったらもっと英語を勉強しよう、と思いはしたが、帰ってみるともうその必要性がなく、いつの間にか遠ざかってしまった。

就職してからも仕事で英語が必要になったのは40代後半で、いまさら勉強する気力には欠けていた。それでもNHKの『ビジネス英会話』を聴きはした。しかし、とりあえずやった気になるだけの義務的態度で、身につくはずもなかった。

私は今となっては、20年もアメリカでやってきたから、仕事で本当に細かな話になってもコミュニケーションを図ることはできる。真面目な本なら、日本語でも英語でも読むスピードはほとんど変わらない。そういう意味では、アメリカで生活していて英語で苦労することはまったくないと言っていいであろう。しかし、アメリカ人とまったく同じように英語をあやつれるかというとそうではない。日本に行き来する飛行機の中で英語の映画をよく観るのだが、全部はわからない。研究所の所長として有名人を迎えたり、イベントで挨拶する時など、もっとすっきりしたことがなぜ言えないかといらいらするし、自分の言っている言葉がその場の雰囲気とぴったりなのか不安である。(『素人のように考え、玄人のように実行する』)

「英語はわれわれにとっては外国語であるから、相手に外国人であることがわからないくらいに英会話がうまくなる必要はない。英語そのものを職業としようとする人以外、『外国人にしてはペラペラだな』というぐらいの力を養うことを上達の到着点にするのが一番いいのだ。ただ、本当の実力がその印象に見合うところにある必要がある」。

いや、「外国人にしてはペラペラだな」というのが、そもそも難しいのだが、そしてほとんどの人間がそこまでできれば言うことはないと思っているにちがいないが、それはともかく、かれらとおなじようにしゃべらなければならないという強迫観念からは解放される考えである。ついわたしたちは、発音も完璧、文法も完璧を目指しがちになり、文法ひとつ間違っても恥ずかしいと思いがちだからである。

英会話の「スキル」が上達するにつれて、はじめはその「有効性」もあがる。「自分の実力以上に役に立つ」。それは「相手から、かわいいと思われるからである」。おぼえたての外国語は、相手に「微笑ましく思」われるからである。ようするに相手が手加減をしてくれる。

だが、ある程度上達すると、相手は「こいつ、かなりできるな」と思って、「普通のスピードでしゃべり始める。難しい言葉も遠慮なく使い始める」。ここが最初の「山」である。

相手の対応がこちらの「実力」を上回ってしまうのだ。向こうはこっちが「かなりできる」と思っているから、思ったほどの反応がなければイライラし、初心者のときには許されていた言い間違いや無礼な言葉も、今度は相手が本気で受け取ってしまうことになる。

このあたりが「上手になればなるほど、実は効果がマイナス」になる。英語のスキルはあがっているのに有効性が低減する谷底に落ちる、というのである。

「英会話はこれからの時代に、絶対に必要な基礎力」であると認めながら、幼児期からの英語教育には反対である。「そもそも幼児が英語で会話すべき内容がない」。そんな暇があったら「日本語そのものか、算数をでもきちんと教えるほうが賢いような気がする」「私は、思考力を養うためには、子供の思考過程が固まるまでは一つの言語で教えたほうがいいと思っている」。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village