「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

「英語障害者」は、日本にいる全てのバカのシンボル的存在

英語障害者とは、自尊心のためQあるいは優越・劣等コンプレックスとしての英語礼賛が英語だけの話なら、ほっておけばよいのである。

かれらの金と時間が失われるだけで、他に多大な迷惑が及ぶわけではない。だが、話はそんなに簡単ではない。英語等バカの存在は、かれらが生まれてきた土壌、すなわち日本社会全体に通じる問題なのである。こんなに大きく出て大丈夫なのか。

わたしたちは英語障害者を笑う。けれども、そのわたしたちがほかの○○バカでない保証はない。音楽バカ、野球バカ、ブランド物バカ、おたくバカ、そしてなにより、それらを統合する最強かつ最弱無比の自分バカ(障害)。英語バカ(障害者)はそのなかの一形態にすぎない。一形態にして、あらゆる障害者のシンボル的存在だ。

英語ができるということは、日本社会だけではなく、世界で公認された能力価値である。一芸に秀でる、という言葉がある。一芸とは、一能のことだといってもいい。この一能は自分の自尊心を支えてくれる。英語が堪能という一能は、本人が思い込みさえすれば、どんな金持ちよりも高い価値として感じることが可能である。あのひとは大金持ち(資産価値を持っている)だけどバカじゃん、英語できないんだもん、というように。

ところが、この一能もまたくつの価値によって凌駕されることがありうるのだ。美質という容貌価値である。あのひとはたしかに英語ペラペラだけどブスじゃん、というようにである。するとまた、この一美質に対する一能からの反撃。もうヘビとマングースである。

あのひとそこそこ美人かもしれないけど、バカじゃん、というように。金と能力と美、この三つ巴はいい勝負なのだが、もちろん金と能力と美の全所持者がいたらそいつが1番となって試合終了である。かと思うと、いいや、そこでも細かい差異の闘いはつづいて、結局、不毛の闘いとなるほかはない。

この他にも人間にとって大切な価値はある。徳や人間性に関する価値、つまり人倫の価値である。だが、残念なことに、これだけでは食っていけない!あの人はいい人だけどね、というのは褒め言葉であると同時にいささかの揶揄も含まれているのだ。

だからこの人倫価値は、それを意味として認める人間にしか通用しなくなる。いい人なんかつまらねえ人間だ、といわれる所以である。あなたを大金持ちか誠実な人間のどちらかに生まれ変わらせてやろうと神様からいわれたら、はたして人はどっちを選択するだろうか。いうまでもない。

100人中99人が大金持ちを選ぶであろう。理由はすでに述べた。誠実では食っていけないからだ。

能力や容貌がどんなに逆立ちしても、やはり金には勝てない。なにしろ金は生存に直結している。それに資本主義的価値のなかで最高の価値とみなされている.おまけに金持ちは「カッコいい」。元ライブドアの堀江氏が「50億ぴったりのほうが、カッコいいじゃん」と言った理由である。

とはいえ、容貌も能力もまだ捨てたものではない。執心である。美に執心する者、能力に執心する者は容易に自分の価値を放棄することはない。なぜなら、放棄したとたんに自我が立ち行かなくなるからである。日本人はこの三つ巴の価値競争に席巻されつつある。

席巻されつつあるだけなら日本人にかぎったことではないが、日本人は、狼狽し、足掻き、すがり、浅ましくなりつつある。

わたしたちがどの価値を選ぼうと、そこに共通しているのは、すでに述べたように、自分の信奉する価値に自尊心や自己証明がかかっていることだ。しかも、そこへ到達する方法は「早い、安い、うまい」であればあるほどよい。英語学習で見たように(金も美もおなじ。株式投資やダイエット方式を見よ。すぐに儲かる、すぐに痩せられる)、日本はいまや牛丼文化であり、牛丼方式なのである。

だれもが世界公認の価値を獲得することができるわけではない。けれど公認された価値は欲しい。だがそのための苦労はしたくない。だれか価値をくれないかなあ(玉の輿)。それも今すぐに。くれないなら盗ってしまおうか(犯罪)、である。営々と努力する人間は当然、いる。

だが、そんなものは真っ平という人間もそれに劣らずいる。人は自分が無価値な人間と思うことに耐えられない。自分はなんの価値も獲得していないと思う人間は2つに分かれる。自分はだめだと思う者と、自分こそが最高の価値なのだと思う者と、である。

自分勝手が許され放題に育ってきた者や、人倫という価値を知らずに育った者は、「自分」こそが価値だと思うようになる。いや、価値でなければならない。それゆえ、この「自分」という価値は、他人に示し、他人から認められるべきである、というように。

この不遇は自分が悪いのではない、親や世間が悪いのだ、というように。その耐性のない精神の根底を、自由、平等、権利、個性といった美辞麗句が支えている。かくしてそこから、「自分こそが最高価値」と妄想する自分バカが発生する。自分の思い通りにならないとすぐに感情を破裂させるバカ(障害者)。

けれども当たり前のことだが、そんなかれらも、腹の底から自分に自信があるわけではない。だからかれらのある者は絶対安全な場所に身を隠し、匿名性のなかに生き、そこから自分の価値を証明しようとするのである。自分が露出してしまえば、バカが露見してしまうからである。妄想のなかで、自分で自分に酔い痴れたいのだ。

他人を自分以下にしておいて、自分の価値を確認したいと思う者がいる。弱い者を自分の支配下におこうとする者もいる。ひとが認めてくれないなら、どんな手を使ってでも、自分を証明してやる、と思う者もいる。

とにかく「力」が欲しいのだ。自分を自分たらしめる「力」が。けれど、方法がちがう。順序がちがう。考え方がちがう。だから出発点がちがう。だから目指すべき出口もちがう。だから転換ができない。

わたしたちの自我は釣り上げられたのである。自由、平等、権利、個性という言葉によって。価値の多様性、幸福、輝き、愛という言葉によって。いやわたしたちは喜んで食いついたのだ。そうしたら、針が硬くて外れやしない。餌が旨かったのかどうか、いまではもう覚えてもいない。いや、自尊心を守ることの、痛いのなんのって。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village