「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

日本の作家・アナウンサー・芸能人の英語力

あれはもう何十年前のことになるか。大江健三郎がノーベル文学賞を受賞し、その授賞式で英語のスピーチをした。その翌日、当時私の上司(商社の部長)、「あんな英語じゃあ日本人として恥ずかしい」みたいなことをいった。その上司は英語に自信があり(特に発音)、わが社で一番の遣い手だった。日本人の恥、とでも思ったのだろうか。

だが、英語が流暢でも、恥ずかしい日本人はほかにたくさんいる。たしかに大江の英語は(特に発音)ほめられたものではなかったが、わたしは「十分じゃないか」と思っていた。たどたどしくても、文章としてきちんとしていて、通じればいいのである。「恥ずかしい」と思うほうが恥ずかしい。ご主人様(白人)にどう思われるか、などどうでもいい。

むしろ、大江の場合、あの英語こそが似つかわしかった、ということもできる。アメリカ式の粘りつく発音でペラペラやられたなら、逆に軽薄と見えたかもしれない。流暢に話さなければ笑われる、というのは、一種の強迫観念である。

その意味でいえば、立花隆の英語だってほめられたものではないのである。発音など、完壁な日本人オジサンの発音である。RやFやV発音ができていたとは到底思われないが、立花はアメリカ人へのインタビューを臆せずやっていた。

かれはどこかで、語学なんか一カ月徹底的に集中してやればなんとかなるものだ、といっていた。通じればいいんだ、と思っているフシがある。そう、立花の英語もあれで十分である。十分ではないだろうが、十分である。

あれだけの小説を翻訳している村上春樹は当然、英会話も堪能なはずである。いずれノーベル賞の受賞式で村上のスピーチを聞ける日がくるのか。

故人であるが、筑紫哲也のキャスターとしての強みのひとつは、英語がしゃべれるということである。外国人に直接インタビューをできるということがかれの番組の売り物で、久米宏とその点で差をつけたものだったが、久米が引退してからは、それも霞んでしまった(その久米も英語を勉強しているという噂が一時流れたが、尻つぼみだった)。

筑紫は自分の英語について、「なんだ、この発音のまずさは、また文法上のエラーを犯している」と「心おだやかでない」ことが多いが、それでもそれに折り合いをつけられているのは「恥をかく」ことに「平気」になれたからだろう、と書いている。

「自分の国のことばでもないのに、不完全なのは当り前ではないか」と(岩波新書編集部編「英語とわたし』)。筑紫にして、そうなのである。「恥」のレベルまでいっていないわたしどもが、「恥ずかしい」などといっている場合ではない。

安藤優子や滝川クリステルなどのように、夜のニュースキャスター陣には英語達者が揃っている。古舘伊知郎は苦手のようだ。前の解説者の加藤朝日新聞論説委員の中国語は相当である。以前いた故人の若林さんもドイツ語は達者だった。

最近、帰国子女の女子アナが多くなった。それやこれやで、ニュースキャスターを筆頭とする英語力のあるテレビ局は、フジテレビ、NHK、TBS、テレビ朝日、日本テレビの順だろう。元NHKの手嶋龍一氏などは、あの日本語から推測して端正な英語をしゃべるような印象があるが、聞いたことはない。

西田ひかる、早見優、宇多田ヒカルなどの帰国子女が英語がうまいのは当然である。その意味では、努力して英語を勉強したハリウッド女優の工藤夕貴のほうが好ましいともいえる。けれども、英語が流暢だからといって、それだけで西田、早見、宇多田が頭がいいんだ、とはだれも思わないだろう。

たまに、芸能界○○ランキングみたいなことがあるが、英語に関してもほんとうをいえば、その場かぎりでのただの興味でしかないのである。というわけでつづけると、檀ふみの英語は上品でうまい。

ハリウッドスター渡辺謙の英語は、最初吹き替えかと思ったのだが、自分で話しているとわかって感心した。能ある鷹は爪を隠す、といった感じか。なんだか知らないが、それだけで株が上がるのである。郷ひろみもアメリカ進出に野心があったのか、英語習得を自らに課した男である。芸能人のなかでは抜群、といっていいのではないか。

ところで、あの大橋巨泉の英語はどうであろうか。発音が流暢という感じはしないが、日常会話的にはまったく問題がないのであろう。一時期、テレビで英語番組を持っていたが、そのなかではただ「ウップス」とかそんな一口英語ばかりを教えていて、なんの役にも立たなかった気がする。

将来ハリウッドから出演以来があるかもしれないと、体を鍛えていた日本人俳優のように、たとえそれが無駄になっても、英語を勉強している俳優がいてもおかしくはない。

美男美女の俳優は、片言の英語しかできないなら、一切しゃべらないことである。無理をするとボロが出て、台無しである。美男美女がただのバカに見えてくるからである。キアヌ・リーブス主演のハリウッド映画「47Ronin」に出演した柴崎コウは英語で質問されたのに、日本語で答えたのにはびっくりした。

暴露本を出版した石原真理子がどういうわけか、外国人特派員協会に呼ばれて英語をしゃべっていた。完全に慣れ切った米語発音とはいえ、これが流暢であった。だからといって、それがどうした?というか、むしろ、そのことに悲しささえ漂っていると思わせられたのは、松田聖子と似たような体質の持ち主だからなのか。

スポーツ選手も歌手も役者も、ああ英語をやっていればよかったな、と思うときがあるであろう。だが、それはやはり無理だったのだ。必要は前もってわかるわけではない。必要はほとんどの場合、あとからやってくるのだ。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village