「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

大手スクールの中途解約者・退会者をいかになくすか

『英会話スクールの実力』のコラムを出した直後、全国の語学スクールの現場から声が届くようになりました。

コラムを読んで「わが意を得たりとひざを打った」と言うのは、中堅外国語スクールの社長さんでした。かつて某大手英会話スクールに勤務したが職場の雰囲気になじめず、二回転職したといいます。

一念発起して自分の英会話スクールを再開しましたが、外国人を理解できず、なかなか採用することができなかったといいます。「起業前にそんな実態を知っていたら、英会話スクールなんかやっていなかった」と後悔を口にします。それだけに、コラムを通してきめ細かな学習支援に取り組む他のスクールの姿を知り、「うらやましい」と感じたそうです。

いまコラムを読みながら、受講生には「大手スクール」に限らず、「語学教育の中身を吟味する参考に」とコラムを読むことを勧めていますが、実感するのは「データの読み取り方の難しさ」だといいます。

例えば中途解約率や退会率。「数字の意味は何か。個別の背景を考えています」。

それぞれのスクールではブランドだけでは測りきれない輝きがあります。中途解約率や退会率もしかり。レッスン料金が高いから悪い、ではない深い意味があります。

「英会話スクールの実力」調査は、2004年の開始時から各スクールに帝国データバンクを通して、中途解約率と退学率を尋ね、公表しています。そのスクールでの英語学習生活を想像するのに重要なデータの一つと考えるからです。

風評被害を懸念する声がある一方、最近は、積極的な情報発信に転ずるスクールも現れてきました。

ある英会話スクールでは、2011年からパンフレットに過去5年間の退会・中途解約・休会者数を掲載しています。「教育力に自信がある。隠す必要はない」といいます。

数字の背後に踏み込み、分析を試みる若者のNPO法人も登場しました。1000名超の中途解約者・退会者を調査し、テレビCMを見てスクールを選び、入学したはよいが、英語が嫌いでやる気が出ない、グループレッスンについていけないなどで退会したいきさつを結果を「白書」にまとめ、全国の英会話スクールに配布します。

「なぜ英会話スクールか、もう一度考えて欲しい」とNPOの代表の方は力説します。

「英会話スクールの実力」調査検討委員会からも、中途解約・退会した元受講者たちの痛みや、経営に響きかねないデータを公表するスクールの思いを読み取ってほしい、と切に願います。

退学率の分布はばらつきがあります。2014年調査でも、中途解約率・退会率は3年通して年平均31%、入学して一年間は18%でした。退会率が高いから悪いとは一概に言えないけれど、高いスクールは改善に力が入るようです。

ある英会話スクールは数年前、対策に着手しました。入学時から5人程度のクラスで担任講師と対話を重ね、レッスンで校内プロジェクトに取り組ませます。並行して何度も「未来履歴書」を書かせ、未来の自分を具体的に描かせます。そのために何をすべきか、問題意識や意欲をかき立てるためです。

大手スクールへの不本意入学で中途解約し、小規模スクールに通い始めて半年、落ち込んでいた30代前半の女性は、こうした中で変わったといいます。スクール側に予算を請求し、スクールキャンペーンまで始めました。そうして養った行動力と自信を支えに仕事ができるようになったといいます。

中途解約率・退学率に悩む大手スクールは、不幸な中途解約・退会を減らそうと、懸命に生徒に寄り添う大手スクール。そうした努力の一方、確たる目的もなくブランドで入った結果としての退会も目立ちます。

横浜のあるスクールを5年前に退会した男性に会いました。過去の「英会話スクールの実力」調査で、そのスクールの年間の退学率は75%前後で推移しています。男性は「みんなが行くから」と通学を決めました。けれども、有名スクールだからと選んだとあって、不本意さが募りました。通学に1時間もかかることや、グループレッスンを受けててもなかなか友人ができないことも心の負担になりました。今でも覚えているのが、久しぶりに出たレッスンでのこと。始業時間になっても教室のドアに鍵がかかっている。どうしたのだろうと本社に電話して尋ねてみたら、ずいぶん前に教室が閉鎖して隣町の教室と合併していたことを知らされました。

「教室が変わっても、僕に教えてくれる人もいないんだ……」。その後も欠席が続き、スクール側からは電話の一本も来ません。数ヵ月が経ちようやく中途解約することになりました。

さらに追い打ちをかけたのが、インターネットの掲示板で目にした書き込みでした。「あんなスクールに行ったら、人生終わりだ」。

やはり世間はそう見ているんだ……。同時に自分も同じような思いでいたことに気づきました。悶々と過ごす日々。親から精神科を受診するよう言われたりもしました。悔しくて今でも「なぜあのスクールに行ったのか」と自問を繰り返しているといいます。

4月~7月にかけて英会話スクールにとっては受講生を獲得する詰めの時期です。なぜこのスクールなのか?追い込みの灯火のもとでこそ、真意に胸のうちに問いかけて欲しいと、切に願っています。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village