「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

良識を持って答えることはスクール側の義務

2011年度調査には、全国の60%超のスクールから回答が寄せられました。東日本大震災でスクール運営に困難を極めた時期にもかかわらず、協力いただいたことに感謝をしながらも、わだかまりも残りました。

その最たるものが「空欄」です。義務づけられた生徒数などに答えないスクールが目立つことです。尋ねてみると、「昨年、記入したら問い合わせを受けたから、今年は空欄にした」との理由を挙げるスクールがたくさんありました。学校宣伝によく使う「グローバル化」には情報公開か欠かせず、公開すればリアクションかあるのは当たり前ではないか、そう思います。

その一方で、情報公開を質の向上に活用する動きも出てきています。多くのスクールが出し渋る体験レッスン方法別入学者数などの内訳も記入した上で、「調査を参考に過去を点検した」という答えも少なくなかったのです。「前年調査で似たようなデータのスクールとの連携を模索中」といった記述もありました。

データを出す、出さないに関わらず、回答はそのスクールの「現在」を雄弁に物語ってくれます。2014年、「英会話スクールの実力」調査検討委員会の肝いりで、回答を分析する研究会を発足させることになりました。英会話スクール選びにいっそう有益な情報を発信していきます。皆さんも一緒に、スクールが出している情報を読み解いていきませんか。

新聞で結果を公表した時に最も反響を集めたのは、今年も「総合自己評価」でした。受講者支援全般について「とても充実しているA」から「充実していないE」の5段階で各スクールに自己評価してもらう項目です。AとBで計67%、Eに至っては1%という高い自己評価に異義を唱える声が続出しました。

A評価の大手スクールに通う20代後半の受講生は「スケジュールにあるのに、開講されないレッスンが年々増えている」と苦情を寄せてきました。レッスンのスケジュール計画を立てた後で開講されないことも多く「Aは大いに疑問」と怒りを込めての投書でした。

大手スクールに通う30代前半の女性も「全く期待はずれ」と憤ります。半数以上のレッスンを非常勤の外国人講師が担当し、スケジュールの講師名と違うことも。英会話スクールのレッスンとも思えない中身の薄さ。質問に行こうとしてもすぐ帰る…。「テレビや電車の宣伝に出てくるのはファッションモデルのようだが、実際は違う。それをきちんと公表すべきだ」。看板に偽りあり、というのです。

経済的負担もある親はさらに怒りを噴出させます。中途解約や退学率など無回答が多いのにB評価の大手スクールに対し、「高額なレッスン料金の中身もそうだが、見えない部分が多すぎる」と不信感を募らせます。スクール側にも言い分はあるでしょうが、少なくともできるだけ情報公開をした上での自己評価が妥当ではないかと感じます。

まだあります。高いレッスン料金の割にろくなレッスンがない、入学案内に書かれたサポートが全くない、通学していない息子を一年余りも放置された…など、特に親や人事部からの厳しい指摘が目立ちました。

大学で教育関連のキャリアカウンセリングを務める男性からのメールは「受講生の契約解約後も含めての自己評価だろうか」と、大手スクールの姿勢に疑問を投げかけていました。長い人生を見据えたマンツーマン指導の場を増やさないと今の人は育たないし、親も納得しないと指摘します。

中には厳しく自己点検する中規模スクールもありました。調査項目にあったマンツーマンレッスンや討論中心のレッスンなど学習支援の充実度に物足りなさを感じたといいます。「外国人講師は頑張ってくれたが、まだまだでした」。来年はAに、という思いを込めての評価だったそうです。

一方で、「ライバル校がBのようだから、うちも」と決めた大手スクールもあったと聞きます。ライバルスクールのA評価を見て「うちもAに」と対抗意識をむき出しにするところもありますし、「社長から怒られたから、評価を上げて」と何日も電話をかけてくる担当者もいます。

自己評価はヨコとの比較で行うものではありません。軌跡をしっかり振り返りつつ明日に臨む。評価を巡っての百家争鳴には耳を傾けつつ、掲載後に評価の変更に応じたことはありません。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village