「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

ある英会話スクールは生き残りかけ日々変化している

「英会話スクールの実力」調査に掲載されるわずかな情報からでも、スクールの変化が読み取れることがあります。

例えば大手スクールの3校。2012年度の「英会話スクールの実力」調査では、中途解約率など主要項目で無回答が目立ちました。不誠実だと非難する読者が続出し、語学教育業界の関係者すらも「血がどこを流れているのかわからないマンモス」と自嘲するほどでした。

ところが、2014年度調査では全項目に回答していました。情報をきちんと出し、評価を真塾に受け止めなければ生き残れないと痛感したのだといいます。確かに、それは実感できます。かつてのようなグループレッスンでは今の日本人の能力を培えないと、3人以下の少人数レッスンや、マンツーマンレッスンをコースに設けたのは、危機感を映した変化の例でしょう。

受講生と講師合わせて1万入超の巨大組織の変化さえ、ちょっとした情報に表れます。皆さんも気になる英会話スクールのデータにしっかり目を凝らしてください。

毎年「英会話スクールの実力」調査で目を引くのは、中途解約問題への対応です。現に退学するかどうかで悩む在校生への働きかけにとどまらず、新規に通学する人たちへの発信も始まっています。

「受講生を集めればいい、ではもうすまされない時代」と検討委員会では考えています。ある英会話スクールでは、4月になるとスクールについての説明会をし、入学後は手厚い学習支援を展開しいます。けれども、それらについて、受講生自身が求めているのでなければ、かえって自宅学習を阻害したり、中途解約の原因を作ったりすることにならないのか。そんな自責の念に立って作ったといいます。

スクールを選ぶ際に、もう一つ、頭のどこかに入れておいて欲しいことがあります。それは地域とスクールとの関係です。これも英会話スクール選びに欠かせない情報です。

皆さんが思っている以上に、地域との関係は大切です。身近なところでは、通学途中のマナー。テナントビルの前でたばこを吸い、吸い殻はポイっと捨てる。横一列に広がっておしゃべりし、ほかの歩行者に迷惑をかける。こんな受講生を放置するようなスクールは、地域の迷惑施設になってしまいます。実際にスクールの近辺を歩いてみれば、迷惑施設になっているかどうかはわかります。

「近所との関係が悪くてもいいじゃない。スクールとは関係ないのだから」と思ったら大間違い。それではそのスクールは立ちゆかないのです。受講生募集の妨げになることはもちろん、地域は人間を育てる学びの場でもあるからです。

今、どこのスクールも取り組んでいるのは、地域と連携したレッスンです。地域の課題を受講生自身に発見させ、地域の人たちと協力して解決策を探り、行政に解決策を提言することなどは、社会に求められている力の育成に最適です。けれども、地域から嫌われているスクールではこれができません。

地域に対するスクールの姿勢は、思いがけないところに表れるものです。例えば、2011年3月11日の東日本大震災への対応がそうでした。被災地の仙台を始め東北地方では、当然のように企業が率先して炊き出しをしたり、避難所として開放し、外国人講師や受講生が救援活動に奔走しました。東京や横浜など首都圏ではどうだったでしょうか。

その一方、門を閉ざしたスクールもありました。こちらは「教室に残る生徒の安全を守るため」だったといいます。寒風の中、黙々と家路を急ぐ人々の姿と、それぞれの国の領事館が帰国命令を出し、それに従う日本人スタッフたちがいました。多くの日本人スタッフは外国人と国際結婚をしているため一緒に帰国した日本人妻もいました。しかも本社と連絡が取りづらく何も言わず逃亡したような印象を与えました。その対照が受講生たちにはどう映ったのでしょうか。

2011年の調査では、東日本大震災で被災した受講生や地域に対するスクールとしての支援の状況も尋ねました。仙台市内で目立ったのは、被災地域から通学する受講生への支援で、「レッスンのキャンセル料の減免」(38%)がトップ。次いで「オンラインスクールへの無料移行」(22%)でした。在学生対象でも、最も多かったのは「レッスンのキャンセル料の減免」(41%)。まず学習を続けられるよう、経済的配慮を重視したようです。

被災した入学予定者・在校生へのサポート
1 入学手続きの締め切り延期 36%
2 入学金の免除、減額 17%
3 レッスンのキャンセル料の免除、減額 38%
4 オンラインスクールへの無料移行 22%
5 独自の奨学金を優先的に提供 9%
6 カウンセリング体制を拡充り 3%

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village