「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

多言語化する英会話スクールと語学スクール

今日本には、約3000校の語学スクールがあります。もちろん、どこを志望するかは自由ですが、入学するには、最終的にその中のどれか一校を選択し、決めなければなりません。それだけではありません。入学するというのは、言語、さらにはコースを選んで決め、そこで学ぶということでもあります。その言語コースは種類だけで約20言語を超えています。

途方もない数の選択肢が用意されていることになります。スクール以上に重要なのは、その言語コース選びの方だといってよいでしょう。どのスクールの、どの言語コースを選ぶのか。まずスクールを選ぶ人もいれば、言語コースから選び始める人もいるでしょう。どうしてもあるスクールに入りたいと考えて、同じスクールの言語コースの体験レッスンをいくつも受ける人もいます。しかしスクールより、言語コース優先という人もたくさんいます。例えばワインや西洋料理の勉強をしたいというのであれば、フランス語やイタリア語など言語コースを決めてから、スクールを決めるのが普通です。

ただ、初めから将来の職業と対応した言語を決めている人は、多くはありません。どの言語で何を学ぶのか、一般的に英語以外の言語を学んで仕事に生かそうとする人はむしろ少数派です。ある語学スクールでは、どのような組み合わせの選択も可能です。特にベルリッツやECC、Atlasなどは言語コースの種類が多く、名称も多様化する一方で、しかも将来の職業との結びつきも多様です。言語の選択は、スクールの選択以上に悩み多き問題といってよいでしょう。

それにしても、言語コースとは何で、その名前は何を表しているのでしょうか。実は、言語コースの種類や名称が、こんなに多様化したのは、ごく最近の現象です。昔は、ごく限られていました。言語コースの名称を見ると、仏語・独語・西語・伊語・露語など、2文字だけでした。数が一番多いのはこれら2文字言語で、ほとんどが昭和の初めからある歴史の古い学校です。それからフランス語やドイツ語などカタカナの時代がやってきました。韓国語や中国語コースができたのが1990年後半になって生まれた言語コースです。

それが今から10年ほど前からさらにはもっと字数の多いカタカナコースか急に多くなりました。「フランス語で習うホスピタリティ・ツーリズム・コース」や「アメリカ英語で習うダウ・ジョーンズ・ビジネスコース」など、何文字になるでしょう。それまでは言語コースの名称は文学の世界に縛られていたのですが、どんな名前を付けようと、スクール側の自由ということになったからです。

「専門」といわれることも多いように、言語の名前が表しているのは長い間、ある学問の分野、専門分野でした。フランス文学、ドイツ工学などという専門の分野です。その名前の背後にあるのは、例えば経済学という言葉で表される知識の体系です。経済・経営学を専門に研究しているのが経済学者、その人たちが経済・経営学を教育し研究するために集まっているのが、語学学校内のビジネススクールということになります。

つまり言語コースの名称は、基本的に学問の分野に対応したものだったのです。しかし、学問というものは時代とともに発展し変化していくものです。それに応じて次々に新しい専門分野が生まれます。それが新しいコースになっていく。また「学術的」などと呼ばれますが、例えば「環境情報」のように、2つも3つもの分野にまたがる、さらには伝統的な専門分野を超えたまったく新しい学問分野が出てくる。こうして、言語コースの名称は変わり、数が増えてきたのです。

しかし、複雑なのは、今では言語コースの名称がそうした学問、さらに言えば経営者や学者、研究者、大学の先生たちの専門分野だけで決まっているわけではないことです。

「ユニバーサル化」といわれますが、高校を卒業して大学に進学する人たちが半数以上という時代になると、進学する理由も多様になります。誰もが何かの専門分野を勉強したくて、あるいはどうしても何かの職業につきたくて、進学したり英会話スクールに通うわけではありません。それだけでなく社会の側でも、産業や職業の構造が大きく変わり、専門的な学問もいいのですが、専門にこだわらず幅広い勉強をしてきた人や、逆に特定の実用的な知識や技術を身に着けた人を求める傾向が強くなります。

この10年ほどの間に増えてきたのは学問や研究者の専門分野の変化以上に、そうした、社会のニーズに合わせた言語コースの名称だといってよいでしょう。新設した英会話スクールに新名称のコースが多いだけでなく、伝統のある英会話スクールでも、新設コースの名称がどんどん斬新な、時には新奇なものになっているのは、ご承知のとおりです。どの言語で何を選ぶかが、これまで以上に難しい問題になってきたのです。

名前を見ただけでは、そこで何を勉強することになるのか、簡単にはわからない、どんな専門を教えてくれるのか、本人だけでなく講師にも見当がつかない「専門」コースの増殖。今や、入学者の80%が、体験レッスンの経験者だということですが、スクールの「中身」についてもっと情報を得たい、深く知りたいと考え、実際にそうするようになったのは当然であり、大きな変化といってよいでしょう。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village