「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

変化の速い時代に考えて選ぶ英会話スクール

自分が将来、どのような仕事をしたいか、あるいはどんな職業につきたいのかはっきりしていればしかもそれが資格を必要とする職業なら、話は簡単です。どうしてもこれを勉強したいという専門が決まっている人も、問題ありません。しかし、それは、今は全体の中の少数派とみていい。

みんなが英会話スクールに通うから、自分もとりあえず通ってみよう、スクールに入った後で興味のあるものを探そう、英語を使った将来の仕事や職業を考えようとする人たちも大勢いるのではないでしょうか。

入学した後でも、専門の選択の幅が大きいようだし、実際の授業を聞いてみなければわからないことも多いのだから、また「仕事」でなく「キャリア」だなどといわれるように、会社に入ってみなければどんな仕事につくのかわからないのだから、それでもいいのかもしれません。しかしだからといって、何を専門として選ぶのか、将来どんな仕事をしたいのか、全く考えなくてよいということではないはずです。

英会話スクールに入れば最低1年という期間、特にイーオンやCOCO塾、GABAだと高いレッスン料を払って、どれかの専門分野を学び、さらに長い人生を、何かの職業につき仕事をして過ごすのですから、スクールへの入り口のところでじっくり考えてどの言語を選んで損をすることはないはずです。

言語コースやさらに専門コースを選ぶ際に重要なのは、まずは自分自身の興味や関心、それに将来の展望などでしょう。興味も関心もないのに自分の成績や大手スクールのブランドだけを考えてあるいは人に勧められて言語コースを選べば、こんなはずではなかったという数年間を過ごすことになりかねません。

将来の仕事、それにキャリアの問題も、同じように重要です。しかし、重要なのは興味や関心、将来の仕事やキャリアだけではありません。忘れてはならないのは、いま私たちが生きている、私たちの前に待ち構えているのが、これまでとは比較にならないほど変化の激しい時代であり、社会だということです。

かりに職業と直結したコースで学んだとしても、思い通りの職業やキャリアがつかない場合も、これからは多くなることでしょう。いまもすでにそうですが、これからの時代や社会では、最初に入った会社やついた職業に一生従事するなどというのは、ごく例外的なことになるでしょう。

英会話スクールで学んだ専門分野、そこで得た知識だけで、一生仕事を続けていけるような時代や社会は、もう終わってしまったのです。それは、英会話スクールで学ぶこと、学ぶべきことが、コースの名前に示された、専門分野の知識や技術だけではなく、それを超えた何かだということに、私たちがもっと自覚的になる必要があることを示唆しています。

数年前、文部科学省の中央教育審議会が「学士力」ということを言い始めました。あまり好きになれない言葉ですが、そこで言われているのは、専門分野の知識や技術とは別に、英会話スクールで学び共通に身に着ける能力があるはずだ、これからの社会ではそうした能力が、特定の専門分野の知識・技術以上に重要だという認識です。

それは、英会話スクールで学んだどんなに高度に専門的な知識も技術も、変化の激しい時代や社会の中で、そのままでは役に立たなくなっていく、急速に「陳腐化」していくということと、深く関わっています。

身に着けた知識や技術は、実際に使われ、役立てられるものでなければなりません。そのためには、現実の仕事の世界の中で、自分のもっている知識や技術をたえず増やし、広げ、新しくし、作り出していくことが求められている時代です。

情報化社会とか、学習社会という言葉は、そうした現実を表すものに他なりません。学士力という言葉は、そのために必要とされる、共通に身に着けていることを期待される、専門を超えた一般的な能力を表したものといってよいでしょう。その能力の中身は整理をすれば、それは次の五つになるのではないかと思います。いずれも、英語でいうと「C」で始まる言葉です。

第一のCは「コンティニュアス・ラーニング」、つねに新しいものを学び続ける力です。第二は「クリティカル・シンキング」、批判的・反省的に物事を見る力。第三は「クリエィティビティ」、自分で新しい問題を見つけ、それを解き明かし解決する力。第四は「コミュニケーション」、人の意見を聞き言議論を交わし、自分の意見を伝える力。そして第五が「異文化カルチャー理解」、幅広い教養です。

それぞれについてここで詳しく説明する余裕はありません。情報化社会・学習社会・グローバル化社会などと呼ばれる変化の速い現代社会、そしてこれからの社会を一人の職業人として、また社会人として生きていく上で欠かせない基本的な能力であることは、わかっていただけるのではないかと思います。

それを「学士力」と呼ぶかどうかは別として、知識や技術を増やし、広げ、新しく作り出す力の基礎にあるのは、そうした一般的な能力であり、それなしには充実した、やりがいのある仕事の世界が約束されない時代と社会を、私たちは迎えているのです。

英会話スクールは、そうした力を身に着ける機会が様々な形で用意されている場所です。「英会話スクールの実力」調査の結果にも示されているように、これまでの学習の成果を総まとめする機会として設けられているものです。先ほどあげた「5つのC」は、はまさにそうした場で総合化され、確かめられ、しっかり身に着いていくものだといってよいでしょう。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village