「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

発音勉強のステップ2:発音記号を理解する 
ステップ3:13から19までの数字の正しい発音を理解する

英語の音を整理・分析したものとして、発音記号がある。英語は基本的に発音記号を使って全て表現できる。トレーニング方法は、ステップlで説明した方法と同様である。

なお、音の練習については、子音と母音を一緒に行なったほうがスピードが速い。たとえば、以下のサイトには、主な子音と母音の組合せを持つ適切な単語と、その音声が用意されている。非常によいトレーニングツールである。

・甲南大学英語発音入門
http://kccn.konan-u.ac.ip/ilc/english/index.html
英語の発音(音とリズム)が音声や図・写真とともに詳しく解説されている。

英語の音が正しく理解できたら、次はアクセントである。もちろん、ステップ1,2においてもアクセントは付随的に学べるのだが、ここでは、アクセントに集中するためのトレーニングを説明する。

最も効率のよい練習法として、数字の13から19までの7つの単語に集中することをお勧めしたい。これらは語尾に"teen"がつく単語である。

なぜこれらの単語をピックアップしたかというと、それぞれの単語は、耳から入ってきた時に「30」「40」などの数字と聞き間違いやすいからである。ネイティブ同士の会話でも早口で話していると時々混乱することが時々ある。

単語としてはカンタンなわりにネイティブであっても聞き間違うことがあるから、アクセントをトレーニングするには格好の材料である。トレーニング方法は、ステップ1と同じでかまわない。


NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village