「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

ある会員制語学スクールの短期集中プログラム

有名な英会話スクールのひとつに、会員制語学スクールがある。そのコースのひとつに「マンツーマンレッスンの短期集中プログラム」がある。これは、海外赴任や仕事で早急に英語を使えるようにしたい人向けに全国の各スクールに日本人スタッフが常駐し、学習者や人事部からの問い合わせに答えたり、レッスンをより効果的にするための情報を提供したりするコースである。

その会員制語学スクールの顧客先である会員の中には、外国人の上司や同僚、取引先がいる企業もあり、そこでは当然英語での対応が求められる。そのような企業は英語がもともとできる人材を中心に担当させているのだが、専門的な仕事はパーフェクトにできるのに英語ができない人もいる。そういう人が英語ができるようになれば、本人の仕事の幅が広がるし、我々の事業機会も拡大する。

ここで提供しているプログラムは、仕事に使える最低限の英語を3ヵ月~6カ月で身につけることを目標にしたものである。スタート時の英語のレベルは問わない。英語力未知数の人から、TOEIC700点くらいの人まで、入り口は広く取ってある。

日本人スタッフの仕事は、対面または電話による口頭でのコミュニケーションが中心であるから、リスニングとスピーキングができないと、仕事にならない。しかし、一般的なコミュニケーション英語を研修するような余裕はないし、それをやっていたら仕事に就くのに何年かかるのかわからないので、必要なことだけに的を絞る必要がある。

そこで、まず目的とゴールを以下のように設定した。

【目的】
会員制語学スクールは国内No.1の評価を得るため、英語応対ができるプロフェッショナルを育成すること。その第1ステップとして、6カ月以内の集中トレーニングにより、それぞれの業務に必要最低限の英語コミュニケーション力を育成するプログラムを実施する。

【プログラムのポイント】
それぞれの業務に必要な応対の80%は予測可能であり、その範囲に徹底的に絞る。「聞き取る」力が最も重要なので、英語的な「音」を聞き分けるトレーニングを重視する。ただし、知らない単語は音が聞こえても理解できないので、基本的な単語と慣用句の習得が必要。

1)英語の基本的な音とアクセントを徹底理解
2)1000程度の基本的単語・熟語の徹底暗記
3)100程度の返答文の徹底暗記

また、それぞれの業務に必要な英語力を3段階に定義した。そして、現状のレベルにかかわらず、まずは「必達ゴール」をクリアすることを目標にプログラムを開発した。

【必達ゴール】
1)挨拶や返事ができること
2)English Speakerの質問のポイントを正しく理解できること
3)ポイントに対して、身振り手振り、手持ちの説明資料、メモ書などで回答ができること

【中級ゴール】
1)MC業務に関わる応対が全て口頭で完結できること
2)Casual/Politeの違いを正しく理解し、使い分けができること

【上級ゴール】
1)MC業務に関わる応対が発音・文法とも正しく行なえること
2)MC業務以外の会話も行なえること

このトレーニングのポイントは、発音と、仕事で必要なフレーズの暗記に集約される。特に、相手の言うことさえきちんと理解できれば、回答は身振り手振りやメモを渡すことでよしとする点が、実践的であると思う。

トレーニングの始めは、ABCの発音からスタートし、発音記号を読めるようにして、微妙な音を聞き分け、連音の聞き取りもトレーニングする。なお、教材に盛り込まれるサンプルフレーズは、全て実際に使われるであろう表現のみからピックアップしている。

それがひととおり終わったら、仕事で使うフレーズを暗記して、外国人に理解してもらえる音とアクセントで言えるようにトレーニングする。文法やボキャブラリーは、出てきたフレーズと関係のある部分から、具体的に必要な部分だけ教えていく。

このプログラム開発におけるキーポイントは、英語のようで英語ではない。実際に仕事の本質が何で、どんな業務があり、実際に使われる表現や単語は何か、といったことを分析することである。

このプログラムは、これまでお話ししてきた英語勉強法の考え方に沿って作ってある。また、もし、あなたが企業のマネジメントあるいは研修担当者であり、ビジネス英語のトレーニングを実施する必要性に迫られているのであれば、このプログラムの考え方、初級レベルでも到達可能な現実的なゴール設定の方法と、内容の具体性のレベルが参考になるだろう。


NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village