「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英語への直接的応戦

以上で、英語にひきつけられる理由をみてきました。無駄な英語願望や英語コンプレックスは、実際の中身としては、欧米への文化・身体コンプレックスがベースにあり、英語コンプレックスはそこから引き出される帰結であったわけです。

こうした構造に自覚的であれ無自覚であれ、英語の優勢な状況に対して快く思わなかったり、英語が押し付けがましいものとして意識するようになった日本人が出てきました。その人達が英語にとってきた態度はいくつかあります。ここではそのいくつかを見て英語に対してどのように向きあえばいいのかを探っていきます。

英語の優勢な状況がおかしいという認識は、反省的思考が強くなるほど出てくるものです。そういう人が素朴に英語を受け止められなくなる時はかならず来ます。基本的な思いとして読み取れるのは、古来、海外からの影響が日本に数え切れないほどあるのに、海外に対して、生き方を規定するほど日本が影響を及ぼした例はめったにない、という非対称への苛立ちです。

例えば、エスペラント語のように完全な人工言語と違って、本物の英語を模したものであるかぎり、ネイティブ・スピーカーからみたらやはり妙な英語あるいは方言ということでしょう。

中心や標準価値から外れていれば、そのこと自体によってその言語は誤っており、純粋ではなく崩れています。標準は価値の独占によって、いつでも他の非標準を差別します。だから、そのことばが方言とされるかぎり互いに理解し合えます。

よく似た言語が近くにあるかぎり、条件さえあれば常にバカにされます。方言が馬鹿にされるのは、それがある程度わかるからです。このように侮られる可能性のあるものをわざわざ学ぶなど心理防衛的に適切ではないように思います。

逆の立場で見てみると、現在の事実上の世界語が仮に日本語だとして、日本語を学ぶのは大変ですし、不公平だという運動がどこかの国で起こり、彼らは日本語ならぬニホンゴという人工言語を作りました。そこでは、動詞は終止形しかなく、過去はすべて「た」をつけるだけだとします。

だから、「私は公園に行くた」とか「彼はここに来るた」は正しいとします。これはニホンゴであって日本語でないのだから、などといわれたら日本人からみたらおかしいと思うでしょう。

せっかく苦労してやるのなら、本物を学ぼう、わざわざ崩れたものを学ぶ必要はない、という考えは、土着のもともとの英語以外の英語を使う、何億という人々の持っている強力なダイナミズムを無視しているように聞こえます。

例えば、サッカーはイングランドが発祥で、世界化していき、国ごとに個性のあるスタイルを展開しています。だれもイングランド風にやらないとサッカーではない、などとは言いません。これと同じように、英語ももとはイギリスの国語ですが、それが広がった現在、オリジナルはこうだから、真似しなければならないという法はないのです。

そろそろ、ダイナミズムに身をまかせ、日本なりの英語でやるのも、肩の荷が下りていいのかもしれません。よくサッカーの日本代表が「自分たちのサッカーをすれば勝てる」などという言い方をするが、それと同様に、「自分たちの英語」を追求する道なのかもしれません。

英語支配に対するルサンチマンや英語文化へのコンプレックスが強ければ、自然にナショナリズムに行き着きます。結局それは、英語に対して逆のもの=日本語を対置して抵抗しようとするもので、やられたらやりかえすというスタンスのマッチョな反発となります。こういう対抗で英語に取って代わろうなどというのは非現実であまり実りがありません。

一方、ラミス氏の実感は、「アメリカ文化の英会話というサブ・カルチャーの外側で英語を勉強した人、例えば、戦前に勉強した人びとや、アメリカに移民した人びとや、アメリカの基地や他の場所で仕事をしながら英語を話せるようになった人びとの英語はまったく違った性質をもつ。」

確固たる自分を持ち、英会話イデオロギー、アメリカへの賛美を含んだ英語学習から離れて、冷静な目で学べば、英語という大波に取り込まれずに、自分を高く保ちつつ、学んでいくことは可能です。

英語を学ぶなら覚めた目で英語を学ぶということが、英語に飲み込まれない方法でしょう。こうした自分を高く保持する態度が、同時に大手英会話教室からの防衛にもなるでしょう。

INDEX

NEXT:英語が好きという問題

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village