「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

こどもに参加させたい英語体験ガイド

英語ができる子になるためには、机の上の勉強だけではなく、実際に「英語を使う」経験が大切です。英語の実践トレーニングにも、こどものやる気アップにも役立つ、とっておきの英語体験を紹介します。

こどもに感動や気づきを与え、英語を学ぶモチベーションをアップさせることが、英語体験の最大の効果になっています。語学習得において大切なのは、動機づけです。「あの人と話したい」「もっとうまく伝えたい」といった思いがあることで、日々の勉強を続けることができます。こどもに英語体験をさせる一番の目的は、学ぶことへのモチベーションを高めることです。

英語教育というと、本を読んだり、CDを聞いたり、インプットする学習法に偏りがちではないでしょうか。しかし、英語力をつけるには、アウトプットの機会を持つことが不可欠です。

英語は頭に入れるだけではなく、使ってこそ習得できるものだからです。とはいえ、普段の生活の中では、なかなかそういう機会がないという家庭も多いでしょう。

そこで、英語を使って楽しめるイベントやキャンプなどを紹介します。楽しい経験を通して、異文化への関心や興味が高まり、英語を学びたいという気持ちが強まるはずです。

しかし、英語力は1,2回の体験だけでは劇的に伸びるわけではありません。英語の習得には地道な継続が必要です。体験を1回で終わらせないことはもちろんですが、体験の前後の予習と復習を大切にしてください。

アウトプットが重要とは言いますが、そもそもインプットなくしてアウトプットはあり得ません。日々、家庭でコツコツと英語を学ぶこともやはり大切です。そうした日々の積み重ねがあった上で、イベントなどに参加すれば、学習効果は倍増します。

日頃の成果をうまく発揮して自信を深めたり、あるいはうまくいかずに悔しい思いをしたりすることも良い経験です。自分の実力を把握し、次のステップに向かうための原動力になるでしょう。

英語体験に関する誤解ポイント

1.1回の体験に劇的な英語力アップを期待しない

目に見える学習効果はすぐに表れるものではありません。過大な期待をし過ぎないことです。異文化に触れて、いろいろな刺激を受けることにこそ、英語体験の意義があります。目的は、あくまで「学習意欲の向上」と思い参加しましょう。

2.こどもは放り込めば何とかなると思う

こどもならすぐ適応できると思いがちですが、みんながそうとは限りません。内気な子やレベルについていけない子もいますから、こどものタイプによって、慎重に選択すべきです。こどもの性格やレベルに応じたプログラムを選びましょう。

3.とにかく海外に行かせることが大事

英語学習には地道な積み重ねが必要です。短期間の留学1回よりも、国内のイベントに繰り返し参加する方が効果的な場合もあります。国内、海外にこだわらず、まずは身の丈に合うものを選びましょう。

4.親は英語を勉強しなくていい

親は遊んでいて、こどもにだけ勉強を強いるのではこどもはやる気を失ってしまいます。特に幼児のうちは、親も一緒になって楽しく参加するのがベストです。親も楽しく学ぶ姿勢を見せてあげましょう。

こどものやる気を高める体験を選ぶポイント

1.学習よりも楽しさ重視 「英語=楽しいというイメージづけ」

こどもに英語を学ぶ楽しさを実感させることが第一の目的ですから、まずは楽しい体験を選ぶことです。机に向かうだけのプログラムより、遊びの要素が強いものからスタートした方がいいでしょう。

2.英語レベルに合ったクラス 「背伸びせず適切な選択を」

せっかくの英語体験も、レベルがあっていないと期待するような効果は得られません。こどものレベルを把握した上で、参加するプログラムに必要とされるレベルをしっかりと確認して臨みましょう。

3.親も楽しめるプログラム 「親が楽しめばこどもも楽しい」

親が楽しそうに取り組んでいることには、こどもも自然に興味を持つものです。特に初めのうちは、歌が好きなお母さんなら一緒に歌うプログラムを選ぶなど、親が興味のあるものを選ぶ、というのも一つの方法です。

4.家に帰っても反復できる 「歌やゲームを家でも実践」

体験を1回きりで終わらせてしまうのはもったいないことです。歌やゲームなど、自宅に戻ってから、親子でもう一度繰り返すことが可能なプログラムや、何か持って帰れそうなものがあるプログラムを選ぶのもおすすめです。

ただプログラムに参加するだけでは「楽しかった」で終わってしまいます。しっかりと学びに結びつけるためには、事前の予習と、終わった後の復習が大切になります。予習と復習で学習効果が何倍にも高まります。

予習とは、使えそうな表現を覚えたり、関連した本を読むことをいいます。体験に関する本を読むなどしてある程度知識をつけておきましょう。交流イベントなどに参加する場合は、その場で使えそうな表現を覚えておくのもいいでしょう。

一方、復習とは、習ったことを家庭でもう一度繰り返すことをいいます。自宅に戻ってから、習ったことを必ず振り返る時間を作ってください。体験の場で覚えた英語のフレーズを言ってみたり、歌やゲームを親子で実践してみましょう。

INDEX

NEXT:英語体験ガイド 初級レベル

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village