「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

中学英語の3年間で使う教科書(NEW HORIZON)をを使ってみた①

ここ最近の中学英語の教科書は意外と使えることが明らかになり、私自身が自腹で購入してきました。昔の教科書と比べても内容はより実践的になっています。

英字新聞やビジネス雑誌、CNNやBBCなどの難しい英語に手を付ける前に、まずは中学英語の教科書の内容を復習することが英語上達の近道になりそうです。

昨年、インターネット上では「英語の教科書の先生(イラスト)がかわいい…」と話題になったことがありました。平成28年度からエレン・ベーカーという英語の先生がアメリカ・ボストンから来たという設定です

中学英語の教科書ニューホライズンのエレン・ベーカー先生

話題になったのは、中学英語の教科書で私たちの世代(40代)にもお馴染みのNEW HORIZONです。従来の教科書のイラストとは全く異なる、現役中学生にとっても好感が持てるアニメ風のイラストに変貌しています。

中学英語の教科書ニューホライズン

英語に苦手意識を持つ生徒でも勉強に興味をもってもらうように仕掛けたとされています。ところが、イラストによる演出だけではなく、実はこの40年ほどの長いスパンで教科書の内容そのものが大きく変化していることに気づいたわけです。

英語編集部の方によると、「文章のテーマや重視されるスキルがより実践的なものになっている」と語っており、例えば、1980年代に中学校の英語の授業で使っていたNEW HORIZONでは、すぐに「My name is ○○.」と答える傾向があります。

しかし、現在のNEW HORIZONでは「I'm ○○. 」となっており、自己紹介になっています。昭和の時代の英語の教科書で学んだ世代が学校で習った英語はもはや古い表現となりました。

ちなみに、その前の世代が使っていた中学英語の教科書で最初に出てきたフレーズは、今の50代、60代が「英語」と聞けばすぐさま反応する「This is a pen.」です。むしろこのフレーズしか浮かばない世代でもあります。

平成10年に改定された文部省(現在の文部科学省)による学習指導要綱から、実践的コミュニケーションとい言葉が使われるようになり、より外国人とのコミュニケーション対話を重視した内容に変化していると専門家は話しています。

昭和時代の中学英語の教科書では、アメリカやイギリスの価値観に基づいた話題が多く、日本人の生徒がアメリカへホームステイに行くといった、一般的には身近ではないシーンが多くありました。

一方、現在の教科書でのシーンは主に日本の中学生の生活そのものになっています。日常の出来事についてのダイアログや、より中学生の目線に合った内容に基づいており、生活の中で使いやすい英語フレーズが増えています。

扱う話題としては、中学生の関心の広がりに合わせるように、サイエンスやスポーツ、マンガなどの日本文化まで幅が広がりつつあります。

英語の教科書が変化した背景には、グローバル化時代に入り、急激に求められる英語力の方向性が変わったことにあると思われます。より実践的なスキルを今の中学生は学んでいることになります。

それはきっと今の40代~60代までのビジネスパーソンにとっても必要とされるスキルであると考えられます。中学英語の教科書を活用したいビジネスパーソンには外国文化だけではなく、若者文化への理解も必要なのかもしれません。

次の記事へ>>>中学英語の3年間で使う教科書(NEW HORIZON)をを使ってみた②

『お金と時間、労力をできるだけかけない日本人向けの英語学習法』<<<目次へ

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village