「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

業界2強による激しい出店競争から倒産で同列経営を余儀なくされた

外国語教室業界では、この約15年間、猛烈な開校競争が行われてきた。なかでも東西の横綱ともいえるジオスとNOVAの確執はすさまじいものであった。一方がある地域に開校すると他方も開校するという具合である。NOVAはこれまでターミナル駅中心で、ジオスは地方分散型であったが、全国各地で競合していた。それにECC(ほぼ西日本)、イーオンの大関クラスが食い込もうとしていた。


NOVAが大阪市中央区に心斎橋校を開設したのは、1981年のことである。それから10年は拠点数もそれほど急激に伸びたわけでなく、91年に38校にすぎなかった。むしろジオスのほうが堅実な伸びを示していた。同社は1973年に創設され、89年には100校を突破、93年には200校を超えていた。


NOVAは、90年代に入って、ジオスを猛烈に追い上げた。放物線を描くような開校ラッシュになった。93年に100校、96年には200校、99年には300校、2000年には400校、01年には500校に達し、ついにジオスを追い越し、03年には600校、07年倒産前には900校にまで至っている。最初は10年以上かかって100校まで達していたものが、わずか数年で900校に至っているのである。


バブル膨張期ならいざしらず、長期不況下の拡大としては尋常とはいいがたいように思われる。しかし、この過度な成長の結果、各部門に無理がかかり、受講生、講師、従業員に不満がたまりにたまり、資金調整関係、設備投資関係、資金運用関係と各所に破綻の目が潜んでいたのである。一方、ジオスの方もNOVAの成長戦略に乗せられ同じような結果になったのである。イーオンもそれに続いていたことで倒産までには達していないがそうとう苦しい台所事情があるようである。


そんな波乱万丈の歴史を抱えたままほとんどタダで譲り受けたジーコム社が何をやったところで受講者、講師、従業員のメンタリティーが変わるものでもないであろうというのが業界関係者の一致した意見である。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village