「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

いっぱい生徒捕って、いっぱい辞めてく大手英会話スクール

外国語会話教室の受講者は、どのくらいいるのだろう。経済産業省の「平成14年度特定サービス産業動態調査速報」によれば、03年には約100万人にも達している。

英会話教室の受講生の内訳をみれば、公正取引委員会の調査でも、性別では女性が多い。これはは海外旅行への指向、キャリアアップを求める欲求が、最近では女性のほうが高いからであろう。NOVA、ジオス、イーオンにおいても、男女生徒の構成比は、女性が6割以上を示している。

年齢別では、圧倒的に青年層が多い。特に、20代未満と20代が多く、両者で約3分の1を占めるという結果が出ている。20代が約3割、30代が2割5分、10代が約2割、以下40代、50代、60代と続いている。10代、20代が多いのはほとんどリサーチ能力のない若者がテレビコマーシャルをやっているから安心で有名だからというのが理由のようだ。

平成20年度にはNOVA倒産の影響、さらには不況の追い風も手伝って10代、20代の在籍生徒が激減した。これは主にNOVA、ジオス、イーオン、ECC、ベルリッツのような大手英会話スクールだけの問題であり、中堅・小規模の英会話スクールには影響が少ないようだ。

しかし、大手英会話スクールに通う大部分を占める女性も青年層もトラブルや係争に弱く、問題が起きても泣き寝入りする場合が多い。悩みながらも解決のためにのよい手立てがみけつられず、未受講の料金を返還してもらえずに辞めてしまうことが多い。まさに「いっぱい生徒を捕って、いっぱい生徒が辞めていく」(NOVAのCMでいっぱい聞けて、いっぱいしゃべれる~♪NOVAなら、NOVAなら~)のである。今でもそれが続いているということはNOVA・ジオス倒産の教訓は得られなかったことになる。

職業別生徒構成比をみれば、学生より社会人が圧倒的に多い。高校生や大学生などにとっては、大手英会話スクールでは受講緒が高すぎるし、受験対策、就職対策にはほとんど役立たないからであろう。会社員と公務員が約5割を占め、大学生、高校生、中学生の割合は2割5分に満たない。会社員のなかでは、いわゆるOLの割合が多い。これがマンツーマン英会話を専門とする学校だと、より自由さを求めるニーズがあってか。自営業や一流大学の学生・研究者、医者、ビジネスマンが多くなるのが最近の特徴だ。

学習目的をみれば、公正取引委員会の調査では「仕事上必要」「海外旅行のため」「趣味・教養のため」「就職のため」などと続いている。NOVAやジオスでキャリアアップのための英語学習ができるとは思わない。いまだに思っているとしたらそれは勘違いではある。

大手英会話スクールの宣伝・広告・テレビコマーシャル、新聞、雑誌等(ホットペッパーやケイコとマナブなど)への広告、新聞折り込み、ダイレクトメール、電車等の車内広告、駅、建物などのポスターや看板設置、電話勧誘、店頭販売、訪問販売、職場訪問、キャッチセールス、アポイントメントセールスなどさまざまな方法が取られている。テレビコマーシャルについては、NOVA倒産後、ほとんど見かけることが少なくなってしまった。これ以上テレビこーマーシャルやっても効果がないと判断されたのである。

これらの宣伝・広告を見た受講希望者は、公正取引委員会の調査によれば、おおむね以下のような手順で英会話スクールを選んでいる。受講生によって①②を飛ばしてしまって、最初に勧誘された英会話スクールとそのまま契約させられてしまうことが多い。

1.複数の入学案内(募集パンフレット)の入手
2.入手した募集パンフレットを比較検討し、希望する英会話スクールを選択
3.パンフレットにより選択した英会話スクールまたは店頭・電話勧誘のあった英会話スクールから説明を受け、英会話スクールの見学・体験レッスン
4.レベルチェックを受け、レベル別・受講コースを選択
5.契約の締結
6.入学金、受講料などの支払い
7.受講開始

しかし、受講生のほうはあまり相手を疑ったりしない青年層、女性、年配者が多いが、営業スタッフが、いかに相手を丸めこんで、契約に引きずり込むか、いかに多くのレッスン数を契約させるかのプロで、獲物を狙うヘビと獲物にされるカエルに例えてもいいだろう。一度、獲物に食らいついたら、食いつくすまで離さないといった感じの営業マンが大手英会話スクール、特に古い営業システムをいまだに行なっているところが多いのも事実だ。

新しいシステムの英会話スクールの手順

1.ホームページから無料体験レッスンを申し込み(勧誘は一切ない)
2.返信されたメールで体験レッスンのスケジュールを確認して返信
3.レベルチェック兼体験レッスン終了後、簡単な説明を受ける
4.契約の締結
5.入学金、受講料の支払い
6.受講開始

ご覧の通り簡素化されて無駄がなくなっているのが分かる。その分を料金に反映させているマンツーマンレッスン専門校やカフェスタイルの英会話教室も増えて来た。まさにインターネット時代の到来である。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village