「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

契約は割引の単価で計算、解約は割引前の単価で計算

以前のNOVA、イーオンやジオスの場合は、それまで未受講分の返還に応じていなかったが、96年以降の東京都消費者被害救済委員会による仲裁で、返還を求められ、一部の受講者に返還金の支払いを余儀なくされた。さらに特定商取引法によって解約ができるようになったので、受講料の返還に応じているようである。だが、返還金が少なくなる仕組みのためにトラブルになる例が少なくない。

NOVA、イーオン、ジオス、ベルリッツ、GABAの場合、生徒登録前の検討資料として「コースガイド」を配布しているが、その中で、「クーリングオフ」と「清算の発生」について記述している。ただし、「解約」とか「返還金」というタイトルになっていない。その説明も複雑で、わかりづらく、おそらく受講希望者で、これらを十分理解できた上で契約した人はほとんどいないであろう。最初の契約の説明のときに中途解約について、十分説明していない場合が多いようだ。どうみてもこの方式では、中途解約で儲かる仕組みに思える。

業界団体を作って業界全体の健全化に取り組んでいる英会話スクールは「ぼったくり商法」と言われた「NOVA商法」について、「NOVAのおかげで、業界全体が迷惑を被っている」と怒りをぶちまけていた。2007年11月での倒産→ジー社への譲渡→フーディーズ→阪神酒販売(株式売買によるマネーゲームの様相)についてもほとんど業界内での印象は変わっていない。

「一番重要なのは、3年という長期契約からくるトラブル。NOVAやジオスの場合、レッスンポイントの消化率30%という数字も聞いたことがあるんです。法律ができても、苦情は減っていないようです」

そして、解約金のカラクリについては、次のように語っている(レッスン単価については、現在の料金体系と必ずしも一致するものではない)。

「たとえば、安いレッスン単価ということで、割引の1700円で500レッスンで契約したとしましょう。そうすれば単純計算で総額は、受講料は1700円×500=85万円となります。途中でレッスンがイヤになって、100レッスンでやめれば、本来であれば1700円×100=17万円しか消化していないから、残りは68万円のはずです。(特定商取引の規定で、解約手数料を引いても)残りの8割は返さなければならないはず。ところが、大手の多くの場合は、消化した金額を割引前の2000円×100=17万円と計算する。そうすると残金は65万円しかないことになる。ここからまた、解約手数料などが引かれてしまいます」

「約款に書いてあるが、結局英会話スクールの言いなりになってしまって、救済されない。大手英会話教室の経営者の良心は痛まないのでしょうか」

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village