「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

「日本語から英語に訳す」という発想を捨てる

次に、ライティングのトレーニング法を見ておきましょう。英文の書き方を勉強する場合、日本では「和文英訳」を行うのが一般的です。「英作文」といえば、みなさんも日本語を英文に訳すことをイメージするのではないでしょうか。

しかし、日本語から英語を考えると「伝えたいこと」が伝わらない英文を書いてしまいがちです。ライティング力を鍛えるには、「日本語から英語に訳す」という発想を捨てなくてはなりません。必要なのは英語の表現をたくさん覚えることと、それを使って自分が伝えたいことを直接英語で書く練習を積むことなのです。

もしも「ビジネスシーンで英文のメールを書きたい」など具体的な目標があるのであれば、ビジネスメールの例文をどんどん暗記するのが最も効果的。英文メールの文例はインターネットで検索すればたくさん出てきますから、やる気さえ出せば、お金をかけずに勉強することも十分に可能です。

ライティングは読み手に意図が伝わってこそ意味があるものですから、コミュニケーション力と同様、一人だけでトレーニングするのは難しいと思います。ライティング力を鍛えたい人は、英会話の先生やネイティブの友人など、書いたものを見てくれる人を確保しましょう。

もう一つ頭に入れておかなければならないのは、英語の文章を書く際、一つ一つの文が正しくても、文章全体として「英語圏の人に意図が伝わらないもの」になる可能性があるということです。リーディングのコツを説明する際に少し触れましたが、英語の文章は論理展開のパターンが決まっています。

「まず何をいいたいかを述べ、理由を説明し、具体例を挙げ、結論をまとめる」というのが基本スタイルで、どんな議論もこのパターンで展開していくのが一種の作法なのです。これは多種多様な人種で構成されるアメリカ社会において、誤解がなく、かつスピーディーにいいたいことを伝えるために共有されているルール。アメリカでは学生が必ず「エッセイ・ライティング」を学び、このパターンを身につけることになっています。

一方、日本語の文章の場合、最初に結論を書かないことが少なくありません。正しく英語に置き換えたところで、英語で求められる論理展開のパターンを無視した状態ではネイティブに「結局この文章は何が言いたかったのかわからない」と思われてしまいかねないのです。

ライティングのトレーニングをする際は、英語の表現を仕入れるだけでなく、英語らしい文章の展開のしかたも学ぶ必要があります。単語、文法、発音、リスニング、会話表現などがある程度のレベルに達して「そろそろライティングにも挑戦しよう」と思い立ったら、『決定版英語エッセイ・ライティング』のような参考書を活用することをおすすめします。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village