「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

最低限のテクニックは身につけよう

さて、TOEICテストがどんなものかをざっと確認したところで、攻略法を考えていきましょう。最初に知っておきたいのは、「TOEICで高得点を取るにはテクニックが必要」ということ。これは逆にいえば、「テクニックを身につけることでスコアを伸ばすことが可能だ」ということです。

特にリーディングについては、「問題の数が多く、読まなくてはならない英文がたくさんあるので、時間内に解き終わらない」という声をよく聞きます。しかし、テクニックがあれば、そもそも問題文を全部読む必要などないのです。

先ほど見たように、リーディングセクションでは、ビジネスシーンで受け取るEメールやファックス、日常生活で目にする広告などが問題文に使われています。

ここでちょっと考えてみていただきたいのですが、みなさんは仕事で日本語のメールを受け取った時、必ず全部読んでいるでしょうか?メールの件名が「会議日程の件」となっていれば、「いつもお世話になっております」「お疲れ様です、今日も暑さが厳しいですね」などといった挨拶文は読み飛ばし、とりあえず日時と場所だけをチェックするでしょう。忙しい時はなおさら、こうした「必要な情報の拾い読み」をしているはずです。

「与えられた文章の中から、限られた時間のうちに必要な情報をピックアップする力」がなくては、仕事はスムーズに進みません。これは、英文であっても同じこと。仕事や日常生活で触れる文章をいちいち全部精読しているようでは、「現場で使える運用能力」があるとはいえません。私は、TOEICで関われているのは精読できる力ではなく、「現場で使える運用力H限られた時間内に必要な情報を正しくピックアップできる読解力」だと思っています。

このように考えると、「文章から必要な情報のみをピックアップして解く」方法は、テクニックというより「真っ当なTOEICの解き方」といってもいいかもしれません。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village