「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

実力を発揮するコンディションの整え方

最後に、テスト当日の心と体の準備のしかたを押さえておきましょう。私はこれまでにTOEICだけでなくたくさんの英語のテストを受けてきましたが、実力通りの結果を出すにはコンディションを万全に整えることも大切です。特に、社会人の方で「テストを受けるということそのものから離れてだいぶ時聞が経っている」という場合は、丁寧に準備を進めましょう。

まず、テストの当日は早めに起きて、頭をよく働かせるために甘いものを食べておくのがお勧め。試験にできるだけ集中するため、服装は温度調節が可能なように重ね着にしておきます。受験票、本人確認書類、腕時計などの持参物を忘れないようにチェック。時間に余裕を持って行動し、試験開始の1時間前には会場付近に到着するようにしましょう。

TOEIC対策に使ってきた問題集を持参し、会場に入れる時聞が来るまでの問、近場のカフェなどで過去に間違えた問題を最終確認します。解答はマークシート式なので、筆記具は鉛筆を用意し、あらかじめ先端を少し丸くして塗りつぶしやすくしておくとよいと思います。TOEICではHBの鉛筆またはシャープペンシルを指定していますが、私はマークシート記入用には3Bまたは4Bの鉛筆を使い、解答用紙に名前を書く時はシャープペンシルも併用しました。

周囲に鉛筆で大きな音を立てる人がいることもありますから、リスニングセクションが終わった後は、集中力を高めるために耳栓をしてもいいかもしれません。

問題用紙が入っている袋にあらかじめ鉛筆を差し込んでおき、開始と同時に開封。すくにパート1の写真を一通りチェックし、できればパート2の設問もさっと見ておく。パート1の説明と例題は聞く必要がないのでその間に写真の細かいところまでチェック。

各写真のポイントを英文で頭の中に思い浮かべられるとなおよい。例題が終わる少し前までに設問1の写真に戻り、さらに細かいところまでチエックしながら解答用紙にすぐ記入できるよう準備する。

問題用紙にも解答用紙にもメモを取ることは許されていないので、一つの選択肢ごとに正誤を即答するようにしたほうがいい。「Aが正しい」とわかったら、すぐ解答用紙に記入し、BとCは違うことを耳で確認しながら目は次の設問を追うようにする。AもBも間違っていれば、Cを聞く前から塗りつぶし、軽く聞いて解答を確認しながら、目は次の設問へ。最後の問題も同じ要領で正解を塗りつぶしたら、すぐにパート3の設問と解答を読み始める。

パート3をざっくり最後まで見たら、パート2のガイタンスが始まるまでにパート2に戻る。パート2は、質問を聞きながら、いつ、どこで、何をしたのかなどのポイントを記憶。メモは取れない。選択肢が順に読み上げられるので、「これが正解だjとわかったらその場ですぐ解答を記入。ポイントを覚える際は、日本語に訳してから記憶するか、英語で覚えるほうがやりやすいか、練習時から戦略を決めておくのがお勧め。パート2の最後の問題も解答がわかったらすぐ塗りつぶし、パート3の設問と選択肢を熟読し始める。

パート3は、ガイダンスの間も設問と選択肢を読む時間に充てる。ガイダンスが終わるちょっと前に最初の設問に戻り、設問と答えを2回読み直して準備。会話を聞きながら正解がわかった時点で塗りつぶす。問題を先に臨んでおけば、聞きながらどんどん答えられるので、質問文を聞く必要はない。3題とも解答し終えたら、次の設問と解答を2回熟読して待機。同じように会話を聞きながら解答を終え、質問の音読の時には次の設問を熟読。最後の問題が塗りつぶせたところで、すぐにパート4に移動。

パート4も、ガイタンスの間に問題と設問を熟読。要領はまったくパート3と同じ。リスニングセクションは読み上げはゆっくりだが、メモが取れず1回しか聞けないので緊張しがち。ナチュラルスピードで大量の聞き流しをしておくことと、参考のリスニングの問題集で設問形態になれることが攻略のポイント。

リスニング終了後、そのまま、リーディング・セクションの問題に進む。

パート5は正しい前置詞を選ばせる問題、正しい副詞から選ばせる問題、主語に応じて正しい代名詞を入れる問題、正しい品詞を選ぷ問題、自動詞か他動詞かを考えて受動態を選ばせる問題などが多い。

パート6は長文の穴埋めだが、全文を読まなければ解けないものはほとんどない。

パート7は長文銃解。リーディングセクションは、市販の問題集をしっかりこなしておくのがポイント。2冊以上をそれぞれ複数回、間違えた問題を中心に繰り返し解くのが弱点克服のコツ。文法や単語の知識だけで解けるもの、要点に注目すればすぐ正解がわかるものをスピーディーに解いていけば、見直しの時間をとれるはず。解く時に迷った問題はできるだけ見直して、確実に点を取っていく。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village