「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

目的と生活パターンから学習プログラムを実際につくろう

英語学習プログラムづくりのステップ(次の項目について、順番に考えてみましょう)

英語学習の目的を明確化する

①現在の英語力の自己評価はどれくらいですか?
②自分の英語力のどこに、なぜ不満があるのでしょうか?

③自分が理想とする英語力とは、どんなものですか?
④理想とする英語力を身につけたときに、どんなメリッ卜がありますか?
⑤英語力が現状のままだった場合、将来的にどんなデメリッ卜がありますか?

目的&ライフスタイルに合った学習プログラムをつくる

⑥現状を打破するために必要なのはどんな英語学習でしょうか?
⑦学習の優先順位はつ?
⑧1日、1週間、1ヶ月の行動パターンを振り返りましょう。どの時間を英語学習に充てられそうですか?
⑨いつ、何を、どうやるかを決めてください
⑩今まで英語を勉強しなかった理由、行動の障害になっていることは何ですか?
⑪つくったプログラムをやりたいと思えますか?実際に学習プログラムを実践している自分が無理なくイメージできますか?

まずは、あなた自身の「①現在の英語力の自己評価」を行ってください。単に「読むのが苦手」「会話はできない」といった言葉で終わらせず、「旅先でやりたいことや食べたいものなどを伝えることはできるけれど、外国人と会話を楽しめない」「海外支社の現地社員とは、メールでの事務的なやりとりなら何とかなるが、電話がかかってくるとお手上げ」「英文は辞書を引けばだいたい読めるが、高校レベルの単語も忘れてしまっているものが多いため、スピードが遅くて読んでいて苦痛に感じる」など、具体的に分析します。

他人に「自分の現時点での英語力」を正確に説明するつもりで書き出してみましょう。次に、その英語力について「②どこに、なぜ不満があるのか」を考えてみてください。

続いて、「③自分が理想とする英語力とは、どんなものか」を整理してみましょう。真っ先に思いつくのは、先に考えた「不満」が解消できる英語力ということになるでしょう。しかし、本当にそれが一番必要な英語力なのかもじっくり考えてみてください。「英語の資料を読むのが遅く、業務に支障がある」と感じていた人が、自分の本当のニーズを掘り下げてみることで、実は「読解力よりも、わからないことがあった時に外国人のスタッフに気軽に質問できる会話力」のほうが必要だと気づく場合もあります。どんな時にどんなふうに英語を使いたいのかを、具体的なシーンまで想像してみましょう。

理想的な英語力がはっきり認識できたら、「④理想とする英語力を身につけた時のメリット」「⑤英語力が現状のままだった場合のデメリット」は何かを考えてみてください。仕事の内容、ライフスタイル、交友関係、自分の気持ちの変化などをリアルに想像します。

ここまでが、英語学習の目的を明確化するためのプロセスです。理想とする英語力がわかり、それが身についた時と身につけられなかった時の将来像をイメージして、心から「こんな英語力をつけたい!」と思えたら、それを言語化しましょう。

あなたが英語を勉強するのは、何のためですか?

本当に「ほしい」と思える英語の力とは、どんなものですか?

次に、「現状を打破するために必要な英語学習」と「優先順位」を考えます。明確になった「英語学習の目的」でどんな学習法を行うべきかを確定させるわけです。必要な学習法を列挙したら、その優先順位を整理しておきましょう。リスニング、会話表現力、リーディング力などは「どれか一つだけあればいい」ということはあまりないものですが、目的によって「力を入れて取り組むべき順番」は決められるはず。

次のステップは「1日、1週間、1ヶ月の行動パターンを振り返り、英語学習に充てられる時間を見つける」「⑨いつ、何を、どうやるかを決める」。リスニング力アップを図る「聞き流し」は、耳に音を入れられる状況ならいつでもどこでもできますから、忙しい方でも「朝の身支度中に」「食事中のBGMがわりに」「通勤中の電車やクルマの中で」など、実践できるタイミングが見つかるはず。「すき間時間」「ながら時間」を上手に活用しましょう。

もちろん、週末などに集中して英語学習に充てられる時聞があれば確保します。自分の目的に合った英語学習法、目的に合った教材を考え、見つけた時間に当てはめてみてください。今の生活パターンを振り返る際は、「英語化できる習慣がないか」という視点を持って考えるのがお勧めです。テレビをよく見るという方なら一部を英語のコンテンツにする、ウェブのニュースをチェックする時に英語サイトも利用するなど、無理なく楽しく始められるものがないかどうか考えます。

実践すべき学習法が整理できたら、ここでちょっと「行動(英語学習)の障害になっていることは何か」を考えてみましょう。おそらく「英語を学びたいという気持ちはあるけれど、それまでは実践できていなかった」「思ったように勉強がはかどっていない」という方もいらっしゃるでしょう。

英語に手をつけられない理由は何でしょうか?「趣味や仕事が忙しくて、学習時聞が取れない」「一度挫折してしまったために、なかなか再開に踏み切れない」「何から手をつけていいかわからない」など、何か思い当たることがあるのではないでしょうか。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village