「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

これから英語学習プログラムを実践していくにあたって、「障害になっていること」

工夫や考え方次第でクリアできることを確認しておきましょう。学習時間が取れないという人は、今の生活の中でできる「ながら学習」や「すき間時間の活用」から始めれば大丈夫。過去に挫折してしまったという人は、どんなに昔のことであっても、やった勉強は決して無駄になっていないのだということを知っておいてください。「受験で覚えた単語をすっかり忘れてしまった」などという方は少なくありませんが、記憶の引き出しに入れた単語は、使えばちゃんと出てくるものです。何から手をつけていいかわからないという方は、「具体的な学習プラン」をつくりさえすれば、もう心配は不要です。

最後に、つくった学習プログラムをチェック。「⑪やりたいと思えるか、実際に学習プログラムを実践している自分が無理なくイメージできるか」を確認してください。「あまりやりたくない」「続ける自信がない」というものが入っていると、モチベーションがうまく維持できないことが少なくありません。せっかく立てた学習プランが実践できないと、自分を責めてしまい、さらにモチベーションが低下するという悪循環に陥ってしまうこともあります。

学習プログラムは、「やりたいもの、実践できると思えるもの」で設計することが大切。また、計画は完壁を期して立てる一方で、「パーフェクトにこなそう」と意気込まないのもポイントです。繰り返しになりますが、たとえまったく勉強できない日があっても、それまでにやった分は無駄にはなりません。「学習プランは8割実践できればOK」と考えておきましょう。

英語学習プログラムづくりのステップの解説は以上です。ここからは、みなさんのプログラムづくりのご参考に、私が英語学習相談に乗ったケースをタイプ別に3つ紹介します。

Aさんは、出版社で働く雑誌編集者。仕事と子育てを両立中のワーキングマザーです。英語学習は、「再開しなければ、といつも引っかかっている『のどに刺さったトゲ』のようなもの」だといいます。

「今の英語力は、時間をかければ何とか意思は伝えられるというレベルです。海外旅行などで困ることはありませんが、会話は幼稚。仕事で使えるだけの正確さがないのも悩みの種です。英語で自分の意思をよどみなく伝えられて、相手の意図も正しく理解できるようになりたいと思っています」
「仕事で使えるだけのコミュニケーション力がほしい」というAさん。では、今のAさんの仕事で英語力が上がった時のメリット、英語力が今のままだった場合のデメリットは何なのでしょうか?

「雑誌編集の仕事では、特集企画の立案などのために広い世界から情報をキャッチしておくことが大切だと思っています。それなのに、東日本大震災の際は海外メディアの情報がよく理解できず、自分にがっかりしました。英語でスムーズに情報を得られれば、仕事の幅がぐっと広がると思います。また、今後は英語の取材も増えてくるのではないかと思いますが、現状では決まり切った挨拶くらいしかできませんから、取材相手と英語で良好な関係を築くことはできません。英語でコミュニケーションできるようになれば、躊躇せず英語取材に臨めると思うのですが」

もし今のまま10年、20年と経過したら、どんな未来が待っているでしょうか?Aさんは今後、英語ができる若手編集者が増えてくるはずと予想しているそう。

「英語メディアから情報を得てグローバルな視点で企画をつくることは当たり前になるでしよう。英語力がないばかりについていけなくなれば、自分の存在意義が薄れていきそうです。それをごまかそうと、若手に向かって、『昔は~』と過去の話ばかりを持ち出すような上司にはなりたくありません。自在に英語で情報を得て企画に反映し、英語学習法を後輩にアドバイスできるくらいになったら、自信を持って働き続けられると思います。英語という『喉の棘』が抜けることで、自己肯定感も高まりそうです」

自分の気持ちゃ今の仕事、将来のイメージと向き合う中で、Aさんの英語学習の目的が見えてきました。最初は「仕事で使える英語コミュニケーション力がほしい」と話していたAさんですが、まず身につけるべきは「企画立案に活かせる情報を英語で収集する力」。さらにいえば、英語活用シーンをイメージすると、「正確に使えること」よりも「スピーディーに間違いなく情報を把握すること」のほうが重要です。

こうした気づきを踏まえて、「海外メディアからスピーディーに間違いなく情報を取得できるようになることが最優先。最終的には、情報を取得するだけでなく、英語での取材要請が来た時に率先して引き受けられるコミュニケーション力も身につけたい」と英語学習の目的を設定しました。

目的が明確になったら、いよいよ学習プログラムをつくります。一気にあれもこれもと欲張ると息切れしてしまうかもしれませんから、優先順位を意識してやるべきことを整理しましょう。Aさんの場合、まずトレーニングしたいのは情報収集のためのリーディング力。次いで必要なのはリスニング力と会話表現力です。「まずは外国人と会話を続けられるレベルを目指し、いつかは英語で取材できるようになる」というのが目標。仕事をするうえで、メールで意思を伝えられる程度のライティング力もあったほうが望ましいといいますが、優先順位は低めです。

Aさんは、「英語の女性誌やウェブサイトでリーディング」「海外ドラマや You Tube を活用したリスニング」を中心に学習プログラムをつくることにしました。無理に英語学習時聞をつくらず、興味のある分野や仕事につながる分野から、生活の中に英語を取り入れています。

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village