「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

クリエイティブすぎる日本人の大げさすぎる品質嗜好

日本人は、世界に冠たるクリエイティブな国民だと思う。わが国で生み出された商品は世界中で人気がある。国内を見てみても、新しい商品が毎日生み出されている。我々日本人がクリエイティブな発想ができるのも、言語表現が豊かなことがひとつの理由ではないかと思う。たとえば英語はアルファベット26文字×大小の52種類だけである。

時々フランス語やドイツ語などの文字が使われることもあるが、大小あわせた52文字が基本である。しかし日本語は、ひらがなだけで48文字に、同数のカタカナ、加えて何万もの漢字があり、アルファベットさえも日本語の文章に平気で使われる。こと、外国語を取り入れてカタカナで表す文化は、世界に類を見ない、本当にクリエイティブなものである。

しかしながら、我々のクリエイティビティのおかげで、へボンも想像し得なかった世界ができあがってしまった。そう、「カタカナ英語」の世界である。へボン以前の日本人は、それでもできるだけ英語の音に忠実なカナを探そうと努力してきた。

カタカナ英語は、「英語」とは似て非なるものであるオーストラリア英語、シンガポール英語など、その国独特の英語というものはあるが、それらはれっきとした英語だ。カタカナ英語は、実は日本語なのである。これはこれですばらしいと思う。日本人同士で英語的な内容を話すのには、大変優れている。その価値は認めるべきであると思う。

しかし、英語の音を正しく理解しようとした時に、カタカナの世界で理解しようとするのは、無理なのだ。多くの教師は、よりカンタンに初学者に教えようとカタカナを使おうとするし、実際もそのような音で話すことが多いと思う。しかし、そうすると始めは楽でも、通じない英語を身につけることになってしまうのだ。

話は変わるが、日本人は品質へのこだわりが他の国の人々より強いと言われる。もちろん、それは総じてプラスに働いている。ものづくりにおいては信頼感につながり、サービス業ではホスピタリティと安心感を高めることに貢献している。

しかし、それは時に過剰な品質要求となって表れる。たとえば、商品を梱包するダンボールの角が少しつぶれているだけで返品になる、少し傷がついているだけで家具を半額にせざるを得ない、などである。

英語に関しても品質へのこだわりが見受けられる。中学・高校レベルの英語はきちんと習得しているのに、細かい文法や用例にこだわりすぎるために、会話に入れないし、メールを書くのにやたらと時間がかかってしまう。

英語が「できない」のレベルによるが、過剰にこだわる部分は総じて枝葉末節な部分だ。より重要なのはその先の「だから何?」である。聞き手の当然の質問は、「高いから何だというのだ?」である。だから、本当に我々が言うべきことは、「ディスカウントしてほしい」「じゃ、買わない」「他の商品より高い理由を教えてほしい」といったことである。英語力はそれほどでなくても、外国人とコミュニケーションできる人は、文法うんぬんよりもコミュニケーション上重要な点にこだわっているのである。

一方で、本当はこだわるべきところを軽視している点も見逃せない。その最たるものが発音だ。なぜか、大人は発音の上達は無理とか、カタカナ発音でよい、等とまことしやかに言う人がいる。しかし、発音の章で詳述するとおり、英語は「音」の言語である。それに、発音が悪いと、どれだけいい話をしていても信憑性が乏しく思えてしまうものだ。発音は、かなりこだわる必要があるのに、軽視されている、あるいはフォーカスが当たっていないことは、英語を習得する上での大きな障害となっている。


NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village