「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英会話のレッスン中にノートを取ってはいけない

スクールで何十万回もの英会話レッスンをする中で英会話上達のキーとなる要素がかなり見えてきた。英語を学びに来る人は、覚えるスピードも苦手な分野も目的も違う。しかし、それらの違いに関係なく、勉強に必要な要素は変わらない。

勉強のモチベーションは本人のうちから湧きあがり、自分で持続させていくべきものだが、やはり効果が出ていないとどうしてもやる気がそがれてしまうし、目標達成プロセスが楽しくないと、どれだけ強いコミットメントがあったとしても、折れてしまいそうになることがある。では、どうすればよいだろうか。

そこで、英会話スクールにかけるお金と時間から最大限のリターンを得るために、以下の3点を重視することを強くお勧めする。

①Commitment
この言葉は昔から英語ではよく使われるビジネス用語だったが、カルロス・ゴーン氏が日産の社長に就任してからは、日本でもコミットメントはビジネス界で日常的に使われる言葉になってきた。

強いコミットメントを持つ人は、いつも、何をやっても、必ずそのゴールに到達する。ゴールまでの達成期間は人によるが、言い訳を一切せず専念することを決めた人は100%成功するのである。

②Quality Lessons & Quality Self Study
授業と自習の品質が重要なことも言うまでもない。しかし、レッスンの品質や内容について具体的な要求をしている生徒はほとんどいない。学校や先生から与えられるフレームワークにしたがって、教材をこなすだけの生徒が本当に多い。

具体的な目標が必要なことは、これまで再三にわたって述べてきたとおりであるが、本コラムの読者であれば、スクールで用意されたレベルの達成だけでなく、前に述べた業務の説明と自己紹介を完壁にやりたい、というところから始めるべきだ。

また、雑談や無駄話をすることが英会話だと思っている人がいる。40分から50分の授業で無駄話に時間を費やしてはならない。多くの人がこのパターンに陥ってしまうのが現実だ。一日働いて疲れているのかもしれない。しかし"So what?"である。言い訳は不要だ。「忙しい」という声は本当によく聞く。あなたには目標があるはずだ。上級レベルになるためには、雑談で時間をつぶすにはちと早い。

あるいは、講師のほうから雑談を始めることもあるだろう。しかし、講師が100%のエネルギーで行なう高いクオリティのレッスン以外は一切受け入れない、という確固たる姿勢を持つことが必要である。

さらに、時間を守ることだ。会社に遅刻せずに行くならばレッスンにも遅刻してはならない。小さな約束を守れない人とは、大きな約束はできない。できればレッスン時間よりも早く着く。お金を払っているとはいえ、講師もひとりの人間だ。時間をもらっていることを自覚しよう。熱心で積極的な生徒に対しては、講師もやる気になる。

③Effective Review
レビューは重要である。しかし、ここで強調したいのは"Effective"なレビューである。効果的な復習とは、レッスンを録音し、録音内容を聴きなおし、重要な部分をノートに取りながら声を出して復習し、「自分が納得するまで」やることを指す。これから、"Effective Review"がどういうものかを説明していこう。

1)レッスンを録音する
ボイスレコーダーをレッスンで使用して、全ての内容を録音する。これから述べるような内容を説明しても、英会話スクールがボイスレコーダーの持込みを許可してくれない場合は、別のスクールを探したほうがよい。

2)レッスン中は話すことに集中する
とにかく積極的に質問をして、レッスンの大部分を会話に充てる。講師にはその都度間違いを訂正させ、正しい表現方法を教えてもらう。レッスンは録音しているから、ノートを取る必要はない。ノートは後でレッスンの録音を聞いた時に取るべきである。そのかわり、集中すべきは以下の点である。

・スピーキング
・発音
・文章の組み立て
・言葉による訂正、指導の内容
・流暢な会話

ノートにこだわるのは理由がある。ノートを取っていると会話の流れが止まってしまい、講師は説明の途中から始めなければいけない。また、会話のための貴重な時間が沈黙と「ライティング」で埋められてしまう。

レッスンを止めてその場でノートを取っても、録音を聴いて取った時のノートと同じレベルの質は望めない。録音を使って取ったノートは、第三者として自分の英語を聴きながら、わからないところは再生を止めて細かく書き取ることができるのだ。

3)録音をレビューすること
これは、先述のAさんがやっていたことそのものである。英会話スクールでは、全てのレッスンブースにマイクが用意され、ネット上にある生徒別のフォルダにレッスンの結果がアップロードされ、いつでも聴けるような環境が整備されている。

しかし、生徒のうちレッスンの録音をダウンロードする生徒が50%しかいない。つまり、生徒の半分はBさんタイプの人である。これは本当にもったいない話だ。

ただ、同時に残りの半分はAさんタイプの人である。統計を取ってみると、英会話力向上という点において、両者の結果の差は本当に大きい。Aさんタイプは、かかる時間の差こ そあれ、ほとんどの人が目標を達成している。教室、教材、講師、といった他の条件はほとんど同じである。結局のところ英語ができるようになるかどうかは、自分次第なのである。


NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village