「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

「英語難民」にならない為に

2010年にユニクロや楽天が英語社内公用語化を発表して以来、「英語が必要な職場」は着実に広がっています。最近も一度は英語公用語化を否定したホンダが、その必要性を認めて社内英語公用語化に踏み切ったニュースが流れたばかりだ。

また、外国人観光客の増加は目覚ましく、「爆買い」ということばがメディアを賑わすように、国内の小売業の中には、外国人観光客のインバウンド消費頼みというところも多くなっている。

こうした状況を見てみると、現在、英語習得が緊急課題である人はもちろん、今はまだ英語が必要でなくても、「将来のことを考えると、今から始めておかなければ」という人は多いはず。ところが、「しなければ」と考える人の多くは、「英語の勉強が続かない」「いっこうに上達しない」ことに悩んでいる。

「英会話スクール実力検討委員会」が実施したアンケートによると、実に英語学習者の6割が1ヶ月、9割が3ヶ月以内に挫折を経験している。いろいろな教材に手を出しても続かず、いつまで経っても英語が習得できない「英語難民」という言葉すら存在している。

それに対して、「話し方のスキル習得に挫折した」「簿記経理の勉強に挫折した」という話は、あまり聞かない。

なぜ、英語だけがこれほど「続かない」「挫折しがち」なのだろうか?

ここで問題の本質に立ち戻ってみよう。英語学習の本当の問題は、「実に英語学習者の6割が1ヶ月、9割が3ヶ月以内に挫折を経験している」という結果を踏まえると、「続けられない」ということにあるのではないだろうか。

そこで、本コラムでは、「英語学習を楽しんで継続し、よりスピーディに結果を出す勉強法」を提唱する。


NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village