「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

語彙は身の回りから。「バッグの中の単語」から覚えよう

英単語を覚えるのがつまらない原因の1つは、リアリティが感じられていないこと。つまり、実生活とどう結びついているのかが分からず、親近感が持てない、ということです。

例えば、韓国に何の興味もない人には、ハングルはただの図形に見えるでしょう。しかし、韓流スターのファンになれば、ハングルに対しても親近感が生まれて、覚えるのが楽しくなるのではないでしょうか。

英単語も同様です。ですから、英単語と実生活との結びつきを意識することが、楽しく覚えるためのポイントになります。

実は、気が付いていないだけで、英単語と実生活との結びつきは、たくさんあるのです。

女性なら、コンシーラーをバッグの中に入れている人も多いでしょう。そのバックを横に置きながら、「concealは『隠す』という意味」と一生懸命覚えているような人が多い。

でも、concealとコンシーラーが頭の中で結びつけば、「隠す」という意味はすぐに覚えられるはずです。

また、peelという単語が、キッチンにあるピーラーと結びつけば、『剥く』という意味が簡単に覚えられます。

ビジネスシーンではカタカナ語が多く使われますから、それらを結び付けて覚えられる英単語の数も多い。

このように、少し視点を変えて身近なものと結びつけることで、500~1000もの英単語を覚えることが出来るのです。

英単語の意味を辞書や単語帳に書いてある通りに覚えようとしないことも大切です。

たとえば、lieは「横たわる」、layは「横たえる」と辞書や単語帳には書かれていますが、このまま覚えるのは難しい。なぜなら、私たちは普段「横たわる」とか「横たえる」という言葉を使わないからです。「ネコがソファに横たわっている」ではなく、「ネコがソガにいる」というし、「駅前に自転車を横たえてきた」ではなく「駅前に自転車を置いてきた」と言いますよね。lieは「いる・ある」、layは「置く」と覚えればいいのです。

normという英単語も、辞書には「(社会の)標準的な状態」「(行動様式の)規範」などと、いろいろ難しい訳語が載っていますが、文字通り「ノルマ」と覚えてしまって問題ありません。

また、語源を知ることで、英単語同士を関連付けることも、楽しく覚えるのに有効です。

たとえば、volveは「回転する」という意味だと覚えておけば、「revolve」「revolution」「involve」「evolve」といった単語の意味が覚えやすくなります。同様に、enが「中に込める」という意味だと知っていると、enから始まる「enjoy」「enable」などの単語や、enで終わる「happen」「lessen」など、数多くの単語が覚えられます。

こうした語源に関する知識は、しばしば「雑学だ」と思われてしまいます。しかし、そうではありません。単語を覚える為に必要な知識だと、私は考えています。

英単語を覚えるのがつまらないと感じる大きな原因として、もう1つ、結果がなかなか出ないことがあります。

2回も3回も単語帳で覚えたのに忘れてしまう。すると、「年のせいだろうか」「自分には英語の才能がないのだろうか」などと思ってしまうという訳です。

しかし、2回や3回で忘れないとしたら天才です。私は、1ヶ月に6回は目を通すようにしています。やり方は、単語帳を使っても、単語カードを作っても、どんな方法でも構いません。

やはり、英単語を覚えるというのは、大変なことではあるのです。「誰でも苦労するものだ」という前提で取り組めば、つまらないと思いにくいでしょう。

時間のある人なら、1日に2時間を使って、1ヶ月で1000単語覚えることを目安にしてください。

社会人には難しいでしょうから、1日1時間で、1ヶ月500単語を目指すといいでしょう。すると、4ヶ月で2000単語。もともと覚えている英語単語の数にもよりますが、これだけプラスして覚えれば、ほぼ問題ないと思います。

他にも英単語を覚えるコツがいくつかりますので、ご紹介いたしましょう。

まず、「成功→succeed」ではなく、「succeed→成功」と覚えましょう。「日本語→英語」の順で覚えるには、「英語→日本語」の4倍の時間はかかりますから、より数多くの英単語を覚えるには「英語→日本語」の順がいいのです。

そういうと、「しゃべる為には『日本語→英語』で覚えておかないと使えないじゃないか」という人がいます。しかし、しゃべるのに使う英単語は、読んだり聞いたりするのに必要な英単語よりも、ずっと数が少ないものです。日本語でも、意味は分かるけれど、自分では使わない言葉がたくさんありますよね。ですから、まずは、自分では使えなくても、見れば意味が分かる英単語の数を増やすべきなのです。

それから「やったほうがいいことはしない」ということ。よく、「派生語や同義語、反意語も一緒に覚えよう」という人がいます。確かに一緒に覚えられたらよいのですが、やってみると大変です。正確な発音やスペルも、もちろん覚えた方がいいに決まっているのですが、あとからでもいい。まずは、英単語を観たら、その意味が割るようになることに集中すべきです。


NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village