「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

「書く力」と「語彙力」を同時に磨ける!毎日数行の「英語日記」で表現力を高めよう

私が英語で日記を書き始めたのは13歳の時でした。中学入学のお祝いにと、祖父が「5年連用日記」を誕生日プレゼントにとくれたのがきっかけでした。

この日記帳には各ページが5分割されていて、5年間の同じ日付が一覧できるようになっています。一日分のスペースは5~6行。「これくらいなら、せっかくだから英語で書いてみよう」という軽い気持ちで始めました。

それが10年20年と続き、今に至ってます。振り返ると、この習慣が意外なほど英語の学習に役立っていました。1ページ毎に書き込んできた5年間を振り返ると、成長の跡が良くわかるのです。

ちなみに、ネイティブに添削してもらったことはありません。当時の私の取って、日揮は英語の練習の為ではなく、あくまでプライベートな日記でしたし、始めた当初の間違いだらけの文法やスペルは、とてもひとにみせられるものではありませんでした。逆に言うと、見せない前提で書いていたからこそ、気楽に続けてこられたと思います。

「添削してもらわないと英語力は向上しないのでは?」と思われるかもしれません。確かに英語力を一日でも早く高めたい場合は、ネイティブに添削してもらった方がよいでしょう。ただ、私のようにひとりで書くだけでの、十分に効果はあるのです。

なぜなら、書くというアウトプットの習慣を持つことで、インプットにも敏感になるからです。

日々の出来事や感じたことを書くうちに、上手く英語で表現できない場面に出会います。それを頭の片隅に意識しながら生活していると、自然と目や耳に入ってくる英語に注意するようになるのです。そんな時程、「こう書けばよかったのか!」という発見ができるのです。

上手に表現したいという思いが強いほど、テレビや映画、町中で見かける英文やネイティブが交わしている会話など、多くのものに注意が向きます。

文法の間違いを正したり、気の利いた言い回しを真似したりしているうちに、日記に書き綴る言葉がどんどん上達していくのです。

私も最初は、嬉しい出来事があっても”I was very happy.”としか書けませんでした。しかし、veryと同じ意味でreallyを使うことができると知ると、さっそく使ってみたり、さらに”I couldn't be happier.(最高に嬉しい!)”というひと工夫した表現や、” It made me smile.”などI以外の主語を使った表現など、バリエーションがどんどん増えていったのです。

こうした表現力アップに役立ったのが、日記と同じ時期に始めた「英語手帳」です。スケジュール帳に気になった表現や単語、印象的なフレーズを書き留めていきました。

もちろん、スケジュールも英語で書いていました。予定は,lunch at ●●など、数語で書けるものが多いのですが、そこに一言、センテンスで書き添えました。目にしたもの、出会った人の名前、起こった出来事の感想などを簡単に書き留めておくのです。その時に思ったことをすぐに言葉にする作業は、日記とはまた違うトレーニングになりました。

手帳は日記以上にスペースに限りがあるので、上手く短く書くことも必要です。その方法の1つが略語を使うこと。

ネイティブがよく使う略語にw/というものがあります。これはwithという意味。ちなみに、w/oは、withoutですが、これは手帳でじゃあまり出番がなさそうですね。

b4という略語もありますが分かりますか?そう、beforeです。mtg(meeting)は、ビジネスパーソンにはなじみ深いでしょう。

こうした略語を使ってみるのも、また楽しいものですよ。

英語日記や英語手帳を始めるにあたっては、いくつかのポイントがあります。

日記を書く時は、長い文章を書こうとせず、一日2~3行でもいいので、毎日続けること。また、良い辞書を用意しておくと便利です。最近の辞書には「類義語の上手な使い分け」や「日本人が間違えやすいポイント」などを囲みで説明してくれるものもあり、頼れる家庭教師のように親切です。心強い味方となるでしょう。

また、日記帳を選ぶときは、相性を意識しましょう。私が使っているような5年連用日記を使うのは大変そうだという方には、一般的な1年用の日記帳を使うといいでしょうし、「日によって書く量が違う」という方は、日付の入っていないノートタイプを使うのもいいでしょう。自分の性格に合った書き方をすることも長続きの秘訣です。

手帳に関しては、予定を少し詳しめに書くのがお勧め。ただmeetingとだけ書くのではなく、何のためのmeetingなのかを書くことで、仕事に直結する語彙を増やせます。

また、ただの残業(overtime work)ではなく、サービス残業(unpaid overtime work)と書けば、その時の状況や想いが強く反映され、記憶にも残りやすくなります。

このように、日記意にも手帳にも「自分に密着した情報」を書くのが、継続の秘訣です。今、関わっている仕事や興味を持っているテーマなど、身近で大切な事については、存分に書きたい気持ちになるものです。「もっと良い表現はないか?」と英語へのアンテナを張ることにつながるのです。

NEXT

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village