「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

コミュニケーション英語教育の無理

さてここまで基本的に、コミュニケーションの英語、実践的な英語を学校教育で身に付ける前提で記述してきました。その前提は、小学校英語や高校での英語による授業というものが、そのためには効果のない愚策だと言ってきました。ここで次の問題に移ります。そもそも実践的な英語など、学校で身に付くのだろうか、またそれを学校で身につける必要があるのかということです。

コミュニケーション能力向上に重点を置くような授業で、実践的英語に達者な人間が多く育つなら何も言うことはありません。しかし実際は、どんな方式にしても学校教育内のみでそうした使い手を多く作るのは、原理的に不可能であり、それは多くの言語学者や教育者が同意していることです。

日本英語教育史上、中学・高校レベルでの大衆英語教育がめざましい成果をあげたためしはただの一度もないのは、文法・読解中心の教育が悪いからでも、受験英語が悪いからでもありません。

並の日本語話者が、一日一時間程度の授業を6年間受けただけでいっぱしの英語の使い手になるのは、そもそも無理です。今の学校教育では、どのような教授法を生み出そうが、どのような教育改革を行おうが、生徒に実用的な英語力を身につけさせるのはそもそも無理なのです。これは厳然たる事実であって、英語教育に関わるものは決してそこから目を背けてはいけません。

よく「中学・高校で6年も英語を勉強したのに話せるようにならない」というふうに英語教育が批判されてきましたが、それはお門違いです。そもそも6年といっても実際の絶対的な学習時間がまったく足りていませんし、それに日本語ネイティブにとって英語は語族も構造も大きく違うし、フランス人やドイツ人が英語を習得するのとは根本的に違う経験をさせられているのです。

だからコミュニケーション重視を叫ぶ前に、日本語環境でもできる学習に狙いを絞り、「あとは自分で必要に応じて努力してね」、というのが現実的ということです。そうした学習の中身は何かというと、結局のところ構文や文法への習熟、英文読解、作文、語彙記憶といった基本的なことがらになります。結局、それは従来型の大学受験に合格できるような力を養うことなのです。

念のために言うと、6年間で英語ができないからといって、日本人が外国語が苦手なことを意味するわけではありません。たしかに英語の各種国際試験のデータを見ると日本が語学の下手な国民に見えます。それは英語が日本語からの言語的距離が圧倒圧倒的に遠いからです。

世界的な言語学研究団体が、英語母語話者から見た外国語学習の難易度を10段階評価したところ、フランス語は2、ロシア語は4、中国語は7、韓国語と日本語は10ということらしいです。逆に言うと、日本語母語話者からみても英語の難易度は10ということになるでしょう。

だから英語習得の困難は当然ですが、だからといって語学が苦手ということではありません。実際、言語的距離が近い韓国語の習得は日本人にとっては簡単であり、韓国側から見たら、日本人留学生は世界最高の外国語能力の持ち主に見えることもあるといいます。つまり、外国語の難易度は、学習者の母語に相対的なものであり、日本人が英語が苦手というだけで、外国語力がないということにはなりません。

うまくいけば日本人のアイデンティティは保ったままで、日本語・英語のバイリンガルになるケースがあります。それは、帰国子女や、幼少期からインターナショナルスクールに通わせた場合です。

加藤学園のイマージョン(英語漬け)教育の研究では、英語イマージョンクラスの生徒たちは日本文化への好ましい態度を保持しつつ、英語も向上させていき、日本語力も順調に高めていった、と報告されています。しかし、これはあくまで例外で、日本のもっとも一般的な公教育の場で、一律にこのようなレベルにまで引き上げるのはコストと文化環境的に困難です。

もっとも、インターナショナルスクールに通って英語は身につけたはいいですが、日本語が中途半端になってしまう例もあります。また帰国子女が必ずしもバイリンガルになるわけではないのです。

海外からの帰国子女は「国際感覚があり、外国人の友達も多く、英語ができて当たり前」というイメージがあるので、例えばアメリカで英語獲得に成功しない暗い生活を送って帰国した場合、そのイメージで見られるのに苦しみ、見栄からそのイメージに近づかなければいけないというプレッシャーを味わいつづけることになってしまう人もいます。

仮に、うまく両言語とも獲得できていたとしても、それは努力の賜物であるにもかかわらず、当たり前のように身につけたと思われ、「あいつは帰国子女だから」、で片付けられ人格を打ち消されたように感じてしまいます。

INDEX

NEXT:受験英語で身につく絶対的な基礎力

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village