「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

文科省の学校英語教育へのおせっかい

文科省のウェブサイトを見ていると、こんなところまで口を挟んでくるのかといいたくなります。

新しい学習指導要領は、子どもたちの現状をふまえ、生きる力を育むという理念のもと、知識や技能の習得とともに思考力・判断力・表現力などの育成を重視しています。これからの教育は、ゆとりでも、詰め込みでもありません。

次代を担う子どもたちが、これからの社会において必要となる生きる力を身に付けてほしい。そのような思いで、新しい学習指導要領を定めました。生きる力を育むために、子どもたちの未来のために。

実に胡散臭い文章です。生きる力など、そもそも学校で学ぶことでしょうか。生きる力を育むためには、学校だけではなく、ご家庭や地域など社会全体で子どもたちの教育に取り組むことが大切などと書いてありますが、生きる力育成と相性のいいのは家庭や地域だけです。学校は奇をてらったことをするのではくて、教科をきちんと教えてくれればそれでいいのです。そもそもそういう場所なのですから。

こうした文科省のおせっかい体質が、不毛なコミュニケーション中心で底の浅い教育を志向する考えとパラレルにあるのは見て取りやすいのです。グーグル検索で「コミュニケーション」とい単語が、たった6ページの高校の英語指導要領に41回も出てきます。学習内容についても、「聴く」「話す」「読む」「書く」という順で書かれているなど、わざとらしいというしかありません。

英語が日本社会の公用語でない以上、それを学校の言語として扱うことは間違ってはいません。英語教育は、これまでずっとそうでした。ところが、いつの間にか世間は、学校の言語に生活の言語を重ね、学校教育に会話や手紙文といった実用的な成果を求めるようになってしまいました。

英語は、日本社会の公用語ではありません。だから、学校で学んだ英語を生活の言語にするのは、どこまでも個人の問題です。これまでも、英語を自分の生活や仕事で必要とする人は、学校で習い覚えた英語に磨きをかけ、自分の目的に応じた生活の英語に仕立てていました。

いま世間は、教育の英語を生活の英語と同義に解釈しているところがあります。これは、どう考えてみても間違いです。学校で教えるべき内容は実践的なスキルそのものではなく、そのベースとなる盤石な基礎力です。

INDEX

NEXT:コミュニケーション英語力不足は日本の国力が高いことの証明

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village