「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

創業→倒産→譲渡まで 駅前留学NOVAの歴史

「いっぱいきけて、いっぱいしゃべれる」でお馴染みのNOVAですが、英語以外の外国語のレッスンを提供していました。教室だけでなく、自宅でテレビ電話(ギンガネット端末)を使いながら勉強出来るシステム(「お茶の間留学」)や、子供英会話「NOVA KIDS」もありました。

全てのレッスンをネイティブスピーカーの講師が担当することを特徴としていました。現在は、全国どこのNOVAでもレッスンを受けることができるどこでも留学のキャッチコピーも浸透しており、その利便性の良さも特徴の一つとしてしばしば登場しています。

株式会社ノヴァは、NOVAのブランド名で外国語の教育事業を行っていました。そのため、一般には株式会社NOVAと表記されていましたが、登記上の商号は株式会社ノヴァです。NOVAは、株式会社による運営で、学校教育法で定める学校ではありません。

NOVAの名の由来はラテン語の新星からとったとされています。統括本部は大阪府大阪市中央区西心斎橋、東京本部は東京都新宿区西新宿に所在。代表取締役は、アンダース・ルンドクヴィスト(創業者の一人)、吉里仁見、渡辺勝一。

2007年10月26日、大阪地裁に会社更生法の適用を申請し、保全命令を受け倒産した。負債総額は約439億円。その後、受け皿会社となるジー・コミュニケーションへの事業譲渡の結果、事業の実態がなくなることから、同年11月15日に会社更生手続きを棄却し、11月26日に大阪地裁は職権で破産手続開始決定しました。

2005年頃から増え始めたお金の問題

NOVAは急成長を続ける陰で、契約者と「事前説明と違い受講予約が全くできない」「解約の際、ポイント購入時と解約時でポイント単価を別々に計算され、解約金が戻ってこない」などのトラブルを抱えるようになった。国民生活センターなどへは大量の苦情が寄せられていたが、改善は行われなかった。

2005年9月26日、東京地裁(原敏雄裁判長)は、受講契約を中途解約した東京都の男性が未受講分の受講料約61万円の返還を求めた訴訟に対し、請求全額の支払いを命じる判決を言い渡している。

会社が追い込まれる2007年

2007年2月16日、経済産業省と東京都が、特定商取引法違反と東京都消費生活条例違反の疑いで、2月14日立ち入り検査を行ったと報じられる。解約ルールの説明や中途解約時の清算金をめぐって、同社の受講生からトラブルの苦情・相談が相次いだことから立ち入り検査が実施されたと見られている。

もし同法違反などの事実が裏付けられれば、業務停止命令や改善指示といった行政処分の可能性がある。甘利明経済産業相は同日の閣議後会見で「トラブルの相談、苦情件数が2005年度だけで1000件を超えるなど突出し、問題があると思う」と述べた。

2007年6月13日、経済産業省は特定商取引法に基づき、1年を超えるコースおよび70時間を超えるコースの新規の長期契約について受付の停止を命じた。期間は6か月。経産省が行った今年2月の立ち入り検査で、統括本部がクーリングオフ拒否、返還金の過少算出といった違法な対応を指示したマニュアルを全国の拠点で複数発見。

上層部も実態を把握していたことを認めているといい、会社ぐるみの違反行為と判断した。また、東京都も条例に基づいて改善勧告を行った。

猿橋社長は、同日、大阪・難波にある、NOVAの統括本部の部署が入居している新近鉄難波ビル17階で記者会見を開き「利用者の皆さまに深くおわびします」と謝罪した。だが虚偽説明と指摘された予約制度については「表現の問題だ」とぶぜんとした表情も見せ、「辞任は考えないのか」と経営責任を問われたものの「現時点では考えていない」と否定した。

2007年7月3日、京都府と滋賀県の弁護士らでつくる「京滋NOVA解約金対策弁護団」が、精算金や解約金などを求める集団訴訟を7月中にも京都地裁に起こす方針と報じられる。

2007年8月1日、7月に支払われるはずの従業員の賞与と給与が未払いとなっていることが報じられる。未払いが明らかになったのは、7月17日に支給されるはずだった夏のボーナスと、7月27日支給の給料。

8月2日、国民生活センターがまとめた緊急アンケートでNOVAへの苦情が4月から約3ヵ月で1800件を超えたと報じられる。アンケートは全国の消費生活センターなど530カ所を対象に6月に実施、441カ所から回答を得た。4月1日から6月25日までに受け付けたNOVAへの苦情は計1803件。前年同期に寄せられた287件と比べ約6倍になったという。

8月3日、NOVAは外国人講師を増員するとともに中途解約時の精算手続きで契約者に不利にならないようにするなどとした改善報告書を東京都に提出し、都はこれを受理した。都は改善策の実施状況を注視していく。東京都生活文化スポーツ局によると、NOVA側は英会話教室が増加した一方で生徒の受講予約が取りにくくなっていたとして、外国人講師を2007年7月時点の4415人から10月までに686人増やすとした。

解約の際に返還金が少なく算定されていた問題に対しては、この精算方法を廃止した2005年10月16日以前に入学した場合でも、不当な精算金の返還に応じることを明記し、契約時の単価を使うなどとの改善策を示した。

2007年9月20日、講師に対する給与の遅配が生じるなど、悪化した経営建て直しのため、最大で200箇所の教室の閉鎖が予定されていると報じられます。

9月21日、上場先のジャスダック証券取引所が適時開示が深夜に行われるなど改善されていないとして、内部管理体制と適時開示体制について改善報告書の提出を求めたと発表した。

9月26日、給与の遅配が続いている問題で、労働組合ゼネラルユニオン(大阪市、山原克二委員長)は、同社を労働基準法違反で告発することを決める。

9月28日、大阪中央労働基準監督署が給与未払いは労働基準法違反として、未払い分の給与を支払うよう是正勧告をしていたことが報じられる。

同年10月1日、講師らの給料から天引きされているはずの家賃を支払わず、複数の外国人講師が、家主から退去を求められていると報じられる。

10月6日、大阪中央労働基準監督署が、未払い分の給与を支払うよう再び是正勧告をしていたことが報じられる。

10月9日、京都市下京区の賃貸ビルオーナーより賃料3カ月滞納されていることを理由に、7月から9月中旬の賃料(約75万円)と損害金(約60万円)の支払いと明け渡し求め、京都地方裁判所に訴訟を起こされていることが報じられる。訴状によると、NOVAは2004年4月にビルの1階と3階(計、約110平方メートル)を月額30万円で借りる賃貸借契約をビルオーナーと結んだ。

しかし、2007年7月から賃料を一切支払わず、ビルオーナー側が賃料3か月分(90万円)の支払いを同年9月7日付の文書で催促したがNOVAが応じなかった。そのため、ビルオーナー側が同年9月16日付で賃貸借契約解除を通告したが、その後も営業を続けているため提訴された。

10月18日、一部のスクールが、自主的に休校したり予約受け付けを取りやめたりしていることが報じられる。講師不足で要望通り生徒のレッスンがとれない事態を苦慮した現場の独自判断との事。

10月19日、必要な資金が統括本部に入金されなかったことが原因で延期されていた給与の再遅配が発生。通常は9月27日に社員へ、10月15日に外国人講師に支給されるはずだった。また、一部スクールに休校するよう本部が通達した。

10月23日、愛知県一宮市のNOVA一宮校が1階に入居しているビルの所有者から、賃料3か月分を滞納しているとして、明け渡しと未納分の賃料3か月分、立て替えた光熱費の支払いなどを求めて9月27日に名古屋地方裁判所一宮支部に訴えを起こされていたことが報じられる。

10月24日、社員らへの給与を遅配している問題について、猿橋社長が大阪中央労働基準監督署から説明を求められていたことが分かった。

人気になっていく影で、テナント代未払い、社員や講師への給料未払い、解約金で揉める...たくさんの問題が起きて少しずつ世間のイメージが悪くなっていきました。また、教室とは直接関係ありませんが、2007年に講師であるリンゼイさん殺害の事件も起きました。ついに経営破綻します。

2007年10月26日、未明に開かれた取締役会で猿橋社長を解任、また大阪地方裁判所に会社更生法適用を申し立て経営破綻した。大阪地裁は保全管理命令を発令のうえで、保全管理人として弁護士の東畠敏明および高橋典明を選任した。また、全ての教室の一時運営停止する。

2007年11月6日、保全管理人がスポンサー企業としてジー・コミュニケーションを内定したと発表した。社員の雇用維持および受講者支援を目的に、まずは30教室を速やかに譲り渡して授業を再開、その後、200教室体制を当面の目標にするとしている。ただし受講生の前払い授業料は承継しない。受講生については、今までと同様の受講内容を通常の25%での受講料で受講できるとしている。

経営会社が変わった今のNOVA

NOVA(ノヴァ)は、株式会社NOVA(NOVA Co., Ltd.)が運営する外国語教室(英会話教室など)のブランド名。全国に280教室を展開している(2014年8月末日現在)。株式会社による運営で、学校教育法で定める学校ではない。

NOVA - Wikipedia
レッスン内容
NOVAホールディングス株式会社(旧株式会社ジー・エデュケーション)運営以降、「月謝制」を主としている。自分自身でレッスンを予約してレッスンを受ける「予約制」と、決まった曜日・時間で受ける「固定制」のコースがある。

予約制は「月謝制」と「一括前払い制」があり、レッスンポイントを使ってレッスンを予約する。月謝制はグループ週1回~週3回(4~12ポイント)とマンツーマン週1回~週3回(12~36ポイント)、一括前払い制は50~500ポイントから選択できる。

レッスンはグループレッスン(1レッスン1ポイント)とマンツーマンレッスン(1レッスン3ポイント)を希望によって選択できる。グループレッスンは少人数制で、2013年4月より最大5名までから4名までに変更された。

2011年6月には、新しく月会費・テキストレンタル代・消費税が含まれた「1万円ポッキリ留学」、「2万円マンツーマン留学」がスタートした。これは月謝制、曜日・時間固定制コースとなっている。

2013年4月よりメインテキストが旧NOVAから使用していた「Diplomat」より変更。これに伴い、レベルもレベル5~9の5段階に変更された。「Diplomat」ではターゲットを場面別に設定していたが、新テキストでは日本語の解説を交えながら、習得するターゲットや文法のテーマをより明確にしている。各レベルのユニット数も200ユニットに増加された。

旧NOVAの猿橋社長は現在何されているかわかりませんが、今現在NOVAは経営元が変わって時も過ぎましたが、それでも大手英会話教室として全国で教室展開されています。

INDEX

NEXT:会社更生法を申請したNOVAについての考察

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village