「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

小学校4年生(9~10歳)が取り組むべき英語学習法

親のかかわりがなくても自分から英語を学び続けるための力と意欲をつける時期です。そのためにはまず、「読む」力をつけることが大切です。洋書を読めるようになれば、様々なことについて、英語で情報を得ることができます。また、こどもの好きな学習法を見つけ、意欲アップを図りましょう。

9~10歳の英語学習ポイント

1.多読によって読む力をつける

読む力をつけるには、「多読」がおすすめです。多読とは、単語の意味を辞書などで細かく調べず、おおまかな内容を把握しながら読み進める読書法のことです。知識を広げるのはもちろん、知らない単語でも推測する力がつきます。

2.アウトプットの機会を多く持つ

英語をアウトプットする機会を増やしていきましょう。アウトプットの時間が多い60分レッスンやマンツーマンレッスンの英会話教室に通ったり、英語キャンプに参加するのもいいでしょう。オンライン英会話は、日常的に英語を話す機会が持てるのでおすすめです。

3.モチベーションの維持を保つ

英語以外にも、様々なことに興味が広がる時期ですから、学び続けるモチベーションをどう維持するかは重要な課題です。一番効果的なのは、「好きなもの」と結びつけることです。例えば、ゲームやアプリなど、こどもが好きなもので英語を学ばせましょう。

英語を使う醍醐味は、やはり人との交流にあります。海外の人と交流できるイベントやキャンプなどに参加し、仲間を作れば意欲もアップします。また、英検などの資格検定テストに挑戦するのもおすすめです。具体的な目標があれば、日々の学習にもハリが出てきます。

幼児期から毎日少しずつでも英語学習をしてきたこどもなら、9~10歳頃には、「聞く」「読む」「書く」という英語3技能の基本がある程度できてきているはずです。

また、まだ英語はこれからという子でも、幼児期と比べて何かを学ぶスピードは速くなっているので、本人のやる気次第で、ここから力をつけていくことは十分可能です。

この時期のこどもが英語力を伸ばしていくには、「好きなことで学ぶ」ことが大切になります。幼児期と違い、自我が芽生え、何でも親の通りにはやらなくなります。だからこそ、こどもが好きなものを勉強に取り入れることが何よりのモチベーションになるのです。

例えば、車が好きな子なら車に関する英単語を覚えたり、ゲームが好きな子なら海外のゲームをプレイしてみたりと、好きなことと英語を上手に組み合わせることで、飽きずに英語学習を続けていくことができるでしょう。

英語で何かを学べるようになるためには、英文を読む力をつけることが必要です。また、読む力がつくことで、語彙も増え、書く力や話す力の向上にもつながっていきます。それには、洋書やリーディング教材で多読に取り組むことでしょう。多読は、とにかくたくさんの文章を読む英語学習法です。辞書などはなるべく引かずにどんどん読み進めましょう。

興味のあるテーマの本などこどもが好きな本を選びましょう。絵や写真が豊富で楽しそうな洋書もたくさんあります。最初は、英語力に合わせて選べる、レベル別のリーディング教材がおすすめです。単語の数や文章の長さが徐々に増えてくるはずです。

また、学校や塾の日程と調整しやすいマンツーマンレッスンの英会話教室やSkypeを利用してレッスンができるオンライン英会話が人気です。時間や場所を選ばず、価格もリーズナブルです。塾や他の習い事で忙しい小学生にも続けやすいのが魅力です。こどもの興味を引くようなトピックを取り上げるなど、工夫されています。

さらに、勉強は嫌だけど、ゲームなら喜んでやる、というこどもも多いのでないでしょうか。英語が学べるゲームやアプリもたくさんあります。楽しく遊べて、英語も身につけば一石二鳥です。特に、日本のゲームには、世界展開しているものもあり、お馴染みのゲームを英語版でプレイすれば勉強にもなります。

英語圏の学習アプリもおすすめです。スマートフォンやタブレットで簡単に取り組むことができるようになりました。

INDEX

NEXT:多読におすすめの洋書とリーディング教材

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village