「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

これからの日本人に求められるのは、英語の「聞く・話す・読む・書く」の4技能を使いこなす力

上場企業の多くが「英語力のある人材」を求めています。2013年に国内の上場企業を対象に行われた調査によると、約75%の企業が、業務の中で英語を使用しています。さらに、採用時や精進条件などに英語のスキルを問う企業も少なくありません。

この流れは加速し、こどもたちが社会に出る頃には、「英語はできて当たり前」となっているでしょう。さらに、英語の4技能を使いこなせることが、活躍できる人材の条件になるでしょう。
※上場企業における英語活用実態調査より(国際ビジネスコミュニケーション協会)

「テストの点はよかったけど、英語は話せない」という親世代も多いのではないでしょうか。これは、「話す」ことを軽視してきた日本の英語教育が抱える課題です。しかし、英語を社内公用語とする日本企業も出てきている現在、英語は「海外に行くときだけに必要なもの」と、避けて通れるものではなくなってきています。

これからの英語で重視されるのは、「聞く」「話す」「読む」「書く」という4技能をバランスよく習得することです。これまでは、日本の英語教育は「読む」「書く」に重点が置かれていましたが、今後は「聞く」「話す」という英会話の力も強化していくことになるでしょう。

さらに、英語を使って調べたり、考えたり、自分の考えを英語だけではなく日本語でも表現できる力をつけることが、グローバル社会を生き抜くために重要になります。

以前は、中学校入学前にこどもが英語を学ぶ場といえば、英会話教室しかありませんでした。しかし、今回は様々な選択肢があります。家庭で学べる教材や学習法も多くありますし、オンライン英会話やインターナショナルスクールに通うという手もあります。

中には集中して学べるマンツーマンレッスンなどすべて英語で授業を行う学校など、日本にいながらにして英語を学べる環境も増えてきました。このように、英語教育の方法が多様化してきていることに伴い、勉強する場所も多様化しています。親世代にとっては真新しい言葉が続々と出てきています。

さて、こどもの英語学習に取り組む上で、「英語力がついているのかがわからない」「こどものやる気がもたない」といった悩みを抱えているお父さん&お母さんも多いでしょう。そんなときは、英語の資格検定試験を活用するのがいいと思います。

日本で英語の資格検定試験といえば、代表的なものが英検ですが、今は他にもたくさんの資格検定試験があります。また、英語教育の早期化の流れを受けて、英検ジュニアやジュニアTOEICなどを始め、こども向けの試験も増えています。

検定試験を受けるメリットは、まずこどもの英語力を把握できることです。スコアなどはもちろんのこと、リスニングが得意なのか、ボキャブラリーが足りないのかなど、こどもの傾向がわかることで、今後の学習目標を立てやすくなります。

また、「今年は英検4級に合格する」などの目標を立てることは、こどものモチベーションアップにつながりますし、試験日を基準にして、今やるべきことを具体的に考えることができるのです。親子で一緒に受験することもできるのです。

そのために、まず資格検定試験を受けることで、現在のこどもの英語力がどのくらいのか、客観的に把握するために合格の目安をホームページで確認しましょう。

英検ジュニアの画像です英検Jr. http://www.eiken.or.jp/eiken-junior/

最近では、大学入試でも英検やTOEICなどの資格検定試験を活用する大学が増えてきており、こうした試験の存在感が増しています。特に推薦入試やAO入試では、資格検定試験の成績を合否の判断に使う例が少なくありません、この傾向は、今後も強くなると思われます。

INDEX

NEXT:まずは時間も場所も選ばない英検Jr.のオンライン版からスタート

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village