「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

こども向け英語体験ガイド 中級レベル②

最近、こどもの英語学習プログラムとして、スポーツや科学実験など英語を使って何かの体験をするものが増えています。好きなことなら、こどももやる気を維持しやすいでしょう。また、目の前で起きていることと英語を組み合わせればより理解が深まり、記憶に残りやすくなります。

親子で一緒に学べる「親子海外留学」にも注目が集まっています。留学プログラムは機関や学習方法、滞在先なども多種多様です。目的を明確にした上で、慎重にプログラムを選びたいものです。

留学の前に挑戦したいのが、旅先での保育サービスの活用です。リゾートホテルなどには、こどもを預かり、英語で様々なアクティビティーを体験できるプログラムが充実しているところもあります。ハワイやグアムなどを旅行するときは、ぜひチェックしてみてください。

4.海外旅行先で英語を楽しむプラン

海外留学に興味はあるけれど、費用もかかるし、まだちょっと手が出ないと言う人におすすめなのが、国内外の一部ホテルで実施されている「キッズ・プログラム」です。こどもを一時的に預かってくれて、その間は英語で過ごすことができます。海外のリゾート地などに多くあります。

キッズ・プログラムとは、一部のホテルでは、こどもを預かってくれる「キッズクラブ」と呼ばれる施設があります、ゲームなどをして、楽しく過ごせます。ハワイやグアムなどのリゾート地のホテルに設けられていることが多いです。

中には、宿泊費や食費、様々なアクティビティーなど、すべてが旅行代金に含まれるオールインクルーシブと呼ばれるパックもあります。4~17歳まで、こどもの年齢によって様々なアクティビティーを体験できます。その内容は、スポーツ、工作、音楽などバラエティー豊かで、日本国内にも対応するスタッフは様々な国の出身者で、共通語は英語になっています。

5.英語を使った習い事

英語を使ってスポーツしたり、理科教室など、「英語を使って何かに取り組む」という習い事が増えてきています。こどもに英語を習わせたいけれど、他のことも学ばせたいという家庭にとっては、まさに一石二鳥です。

多くの場合、ネイティブの先生による指導で、入会にあたり、ある程度の英語力を求められるところもあります。しかし、何といっても習い事をいくつもやらせる時間やお金の余裕がなかったり、こどもが好きなことと、英語を組み合わせてほしいというところです。

6.親子海外留学

親子で海外で生活しながら、現地の語学学校などに通う「親子海外留学」ですが、こどもだけではなく、親も一緒に学べるところに魅力を感じる人が多く、最近注目が集まっています。カナダやオーストラリアの語学学校などでも、親子で学べるプログラムを開設するところが増えてきています。

通常、カナダでは5歳以下の子は地元の保育園に、6歳以上の子は英語学校へ入れます。親も英語学校でレッスンを受講できます。一方、オーストラリアでは親は英語学校、こどもはチャイルドケアセンターや地元の小学校に通うことになります。また、親子一緒に授業を受けるパターンもあれば、別々の学校に通うパターンもあるようです。

親子海外留学選びのポイント

1.期間や方法によって、様々な方法がある

親子留学と言っても、期間や学び方によって、様々な形があります。たくさんの選択肢の中から、自分に合ったものを選ぶには、まず「自分が海外留学に何を求めているのか?」を明確にすることなのです。

例えば、こどもには勉強よりもとにかく楽しい経験をさせたいなら、キャンプやサマースクールに参加させたり、遊べるところにすぐ行けるような環境を選んだりするといいでしょう。

2.予算によって、渡航地や期間を選ぼう

人気の留学先としては、アメリカやオーストラリアなどがありますが、長期滞在で費用を安く抑えたいなら、アジア圏がおすすめです。中でもフィリピンは物価が安いのですが、治安面を考えるとあまりおすすめできません。

それなら、物価の安いインドネシアやマレーシアの方がおすすめです。アメリカ本土でも田舎なら物価は安いので費用を大幅に抑えることができます。やはり、アジア圏はマンツーマンレッスンが主流なので、しっかり学べます。

結局、海外留学は費用がそれなりにかかってしまうものです。後悔しないためには、よく調べて、予算や条件などしっかり調べて決めましょう。3歳未満の子に対応しているプログラムは少ないですが、あまり幼いと体調も変化しやすいので3歳以上になってからがおすすめです。

まずは、留学エージェントや英会話教室に直接聞きに行き、英語レベルをしっかり確認してもらいましょう。レスポンスが遅かったり、対応が悪いところは避けましょう。問い合わせ時の対応で見極めるようにしましょう。

INDEX

NEXT:こども向け英語体験ガイド 上級レベル

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village