「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

カランメソッドなどを決まり文句にしている英会話スクール

最近では、カランメソッドなどを採用している英会話スクールがあります。カランメソッドは英会話の勉強方法の一つですが、よく質問されるので、その内容と効果をまとめておきます。

カランメソッドは、英語の処理スピードを鍛えて英語脳を訓練する学習法でもともとイギリスで生まれた学習法で、カラン氏が1960年代に発案したメソッドなのでカランメソッドと呼ばれています。会話力・反応スピード・瞬発力を鍛えるのに効果があり、通常の4倍の速度で学習できるメソッドとして、世界的に導入していると言われています。

カランメソッドでは、講師が通常よりも速いスピードの英語で質問を出し、生徒がそれに瞬時に回答していきます。自分で英文を組み立てて答えるのではなく、あらかじめ決められた回答を素早くアウトプットする練習です。この際テキストを見てはいけません。また、質問には必ず文章で答えなければいけません。雑談をしているとどうしても単語で会話をしがちになりますが、単語で話しているだけでは「現在形」「過去形」「未来形」を使い分ける練習になりません。

旅が目的であればそれでも問題はないと思いますが、しっかりした英語力を身に付けようと思うなら文章で話すことが大事です。 質問に文章で即答することを繰り返すことで、文章の固まりを体に染み込ませて、その型を使えるようにしていきます。

最初は「This is a pen.」から始まるので簡単に感じますが、案外スラスラ言えないものです。頭では知っている知識を、実際に使えるようにしていくトレーニングなのです。カランメソッドの効果については人それぞれの意見がありますが、私は学習目的を理解して受ければ良い学習方法だと感じています。講師が2回質問して、生徒が1回答えます。これを修行のように繰り返します。

講師:Is this a pen?
生徒:Yes, it's a pen.
講師:Is this a pen?
生徒:No, it isn't a pen. It's a pencil.

質問に答えたらすぐ次の質問がきます。回答は決まっているので、自分の意見を言うわけではありません。意見を考える必要がないため、会話密度が高いのです。

正直、自分の意見を主張するディスカッションのほうが実践的で楽しいとは思います。ディスカッションはもちろん必要ですし、最終的にそれができるようになることが望ましいです。ただ、初級者がいきなりディスカッションをすると言葉が出ないことが多いのです。

言葉が出ない理由は英語力ではないかもしれません。日本語でも答えにくい質問だったのかもしれませんし、その質問に対する意見がなかったからかもしれません。質問が聞き取れていなくて固まってしまうこともありますし、素晴らしい答えを言おうとして時間がかかっていることもあります。

その間、講師は待ってくれますが、その時間がもったいないのです。考える時間は言葉を発する時間を減らしてしまいます。だから、まず日本語で即答できる簡単な質問にいっぱい答えましょう。スムーズに対応できるようになってから、ディスカッションするようにしたほうが効率的です。

初級者は、まずたくさん英語を発することが重要です。カランメソッドだと雑談で終わることもないですし、生徒が話す時間が確保できます。同じ文章を何度も繰り返していれば、だんだん口が慣れていきます。私のイメージでは、音読を相手の質問に合わせてやっている感じです。考えずに言葉が出るようになるまで続けます。

カランメソッドだけでは英語学習は完結しませんから、カランメソッドの意図をしっかり理解して、他のレッスンと併用して学んでください。 ただ、カランメソッドにもデメリットがあります。イギリスで生まれた勉強方法なので、例文に入っているヨーロッパの地名などの固有名詞で日本人には馴染みがないものが含まれています。

レスポンスを鍛えるトレーニングなのに、固有名詞で詰まってしまってはもったいないです。また、レスポンスを重視するため、発音矯正もできません。ヨーロッパの人にとっては母国語と英語に似ている部分があるのでカランメソッドが効果的なのだと思いますが、文法や発音が全く違うアジアの人には合わない部分もあると思います。

さらに、カランメソッドはトレーニングなのでかなり退屈で、モチベーションを保ちにくいこともデメリットです。テニスやゴルフの素振りのようなトレーニングで楽しい勉強ではないですが、ある程度の期間続けないと効果は感じられないので根気強く続ける必要があります。

時々カランメソッド自体が目的になってしまう生徒がいますが、覚えた例文を実際のシーンで使っていくよう意識してください。

一つ注意していただきたいのが、カランメソッドをキャッチコピーだけに使っている英会話スクールがあることです。カランメソッドで講師経験1年の人といろいろな引き出しがある経験年数5年の講師はどちらが教え上手かは明らかです。カランメソッドに限らず、メソッドに安易に飛びつくのは危険です。

INDEX

NEXT:自分の性質や性格を知ることから始まる英会話スクール選び⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village