「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英会話スクールへ通う前の事前学習

英会話スクールを有効に活用するためには、自分の現在の英語力と英語学習の長い道のりを理解した上で事前学習をしましょう。中学レベルの文法や単語は絶対に身に付けてから行くべきです。できれば、TOEIC500点程度までは目指してほしいです。といっても、まだ英語学習を始めていない人は、自分に何が必要なのかわからないと思います。そこで、ここでは事前学習について説明したいと思います。

はじめに知っていただきたいのは、英語が喋れるようになる勉強には3つのステップがあるということです。「知識」→「練習」→「実践」 勉強して「知識」を得て、その知識を使う「練習」をして、「実践」で実際に使う、というステップです。

このサイクルを繰り返して定着させていきます。英語学習は知識に偏っているために、私たち日本人は英語が話せません。英語学習では、よくインプットとアウトプットという言葉が使われます。これらをこの3ステップに当てはめると、「インプット=知識」、「アウトプット=実践」です。

しかし、この二つの間に練習を入れたほうが効率的です。英語学習はスポーツみたいだとよく言われます。野球では素振りをしたり、ゴルフでは打ちっぱなしに行って練習するのに、英語では練習を飛ばして実践をしがちです。ぜひ練習を意識してください。では、練習とは何なのでしょうか?もう少し具体的に説明しましょう。

英語学習の中でも英会話を伸ばしたい場合、練習となるのは、とにかく声に出すことです。音読やシャドーイングも練習ですし、レッスンならカランメソッドがそうです。練習は、実践で話す前の下地作りで、テニスやゴルフで言えば素振りですから、地味で退屈なこともあります。

雑談は、講師が優秀なら練習になりますが、大体は実践です。初級者レベルの人がいきなり実践してもなかなか喋れません。その理由は、単語が出てこないのかもしれませんし、聞き取れていないから質問がわからないのかもしれません。もしくは、英語力の問題ではなく、英語を話すことを怖がっているだけかもしれませんし、自分の意見がないのかもしれません。

英語が話せないといっても原因は人それぞれです。ただ、共通しているのは、初心者がいきなり実践をすると、言葉を発する機会が少なくなりがちだということです。それに対して、地味な練習は言葉を発する機会が多くなります。

ちなみに、英語のカリキュラムをしっかり考えている英会話スクールは、反転学習を取り入れていて、レッスンと連動する宿題を出していますし、レッスンの中でも練習の機会を意図的に設けています。

実は、この3ステップの前にメンタルの問題があります。たとえば、外国人を見ると怖気づいてしまうとか、英語を人前で話すのが怖いといったものです。しかし、そういう問題は場数を踏めば克服できるので、一部のスクールでもメンタルの問題を解消することはできます。

多くの初心者は、どのスクールに行っても、英語慣れしただけで満足してしまいます。ただし、しっかり英語力を底上げしようと思ったら、それで満足せず、自分の英語力に合った練習をするべきです。

事前学習でできる練習の教材として、英語本の瞬間英作文シリーズがあります。日常会話が不安な初心者にお勧めしています。瞬間英作文の本は、左ページに日本語の例文、右ページにその英文が書いてあります。左ページの日本語を見て、パッと英文を言葉に出すのです。

この本の著者は、「日本語を見て、瞬間的に口から英語が出るようになるまでトレーニングしてください」と言っています。本の内容は中学で学んだものですので、中学レベルの文法と単語の確認にもなります。例文はそんなに難しくはないのですが、パッと英語が言えるかというとほとんどの人が最初は言えないでしょう。

瞬間英作文を1冊しっかりインプットしていけば、日常会話のベースは作れます。ただ、この本は知識を学ぶものではなく「練習」するためのものです。何度も声に出して暗記するまで練習してください。瞬間英作文の例文が難しいと感じる人は、練習するための知識が十分ではないので、中学英語の知識をまず身に付けましょう。

さらに初級向けの教材があるので参考にしてください。瞬間英作文をもっと初級向けにした内容になっている英語本もあります。文法の解説も少し載っていますし、初級者が日常会話であまり使わない現在完了や過去完了は省略されています。

現在完了や過去完了も、長い勉強の過程のどこかでは絶対にやらなければいけませんが、初級者であれば、まずは現在、過去、未来の時制を使いこなせるようになることを目指しましょう。知識の習得にも終わりはありませんので、自分のレベルに合わせた教材を選んでください。

瞬間英作文は、短文を反射的に言えるようにするためのトレーニングです。しかし、実際の会話は短文ではなく意見交換です。その準備としてお勧めしているのは、英会話スクールで外国人講師に必ず聞かれる質問の用意をしておくことです。

よく聞かれる内容は、「自己紹介」「英語学習の目的」 「専門分野」のトピックについて300単語の英文を書き、それを何度も音読して覚えます。一番身近な題材で「書く」「読む」という技能を使った勉強をするのです。自己紹介で出てくる英語のパターンだけでも使えるようにしてください。

自己紹介で相手に通じた文章は、パターンを変えて他の場面でも使えるようになっていきます。使う頻度の高いトピックから身に付けていくのが効果的です。どんな人でも、英語で自分が全く話したことのないトピックが出てきたら、言葉に詰まります。

逆に言えば、よく使う表現は自分のものになっていきます。「自分が英語を話す時に使いそうなことを書いて読む」「その中にある単語を自分のものにする」というサイクルで、使える表現をどんどん増やしていきましょう。

また、海外に行くと文化の違いについて話すことがよくあります。日本を代表するような寿司や相撲、仏教、花見などについてはよく聞かれるのですが、案外日本語でも答えられません。そういうトピックについては、事前に調べて英語で仕込んでおくのもいいと思います。

日本文化を英語で説明するための本もたくさん出ていますので、それらを買って練習しておくのもいいでしょう。興味があればさらに深く自分で調べてみてください。重要なのは、自分が話す可能性が高いトピックを仕込んでおくということです。

INDEX

NEXT:人気のオンライン英会話と英語学習法⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village