「英会話スクール実力検討委員会」 教室ランキングサイト! 札幌、横浜、名古屋、大阪などの都市圏のマンツーマン専門の英会話教室を紹介します!

マンツーマン英会話スクールランキングBEST3

  • Atlasマンツーマン英会話
    Atlasマンツーマン英会話スクール
    (札幌/横浜/名古屋/大阪)
  • GABA英会話
    GABA
    (関東/東海/関西)
  • マンツーマン英会話スクールのENGLISH VILLAGE
    English Village
    (東京/横浜)

マンツーマン対応可能英会話教室一覧(50音順)

マンツーマン対応の先生派遣紹介サービス一覧

マンツーマンではないが掲載しているスクール

英語初級者はグループレッスンではなく、マンツーマンレッスンを

私は、2005年にNOVA、倒産後もイーオン、ベルリッツ、ECC、Gaba、Atlasにも通いました。6つのスクールを比較すると、英語力を伸ばすという意味では、初級レベルの人にはGabaやAtlasがお勧めです。さらに、オンライン英会話のレアジョブやDMM、eAtlasなども利用しましたが、オンライン英会話のマンツーマンレッスンもお勧めします。

しかし、フィリピン人の母国語は英語ではありません。それを聞くと、「英語はネイティブに学んだほうがいい」という誤解を抱く人も多いのですが、それも無理はないと思います。私自身もフィリピン人のレッスンを受ける前まではそう思っていました。

どのような形式であれ、マンツーマンレッスンはグループレッスンと比べ、英語力を飛躍的に伸ばすことのできる環境が圧倒的に整っているのです。ここでは、グループレッスンではなくマンツーマンレッスンを受けるべきメリットを紹介します。

英会話レッスンの一番の価値はマンツーマンレッスンです。大手英会話スクールの主なコースはグループレッスンであり、海外留学の語学学校でも講師1人に対して生徒が10人というグループレッスンが主流になっています。

しかし、国内にもマンツーマンのみのレッスンを提供しているスクールもあり、オンライン英会話でも基本的にマンツーマンレッスンを受けることができます。私は、アメリカとイギリスの語学学校でグループレッスンを受講したことがありました。

大勢の生徒と接する中で他の国の文化を感じることができたり、友達ができたりして楽しいのですが、日本人の生徒が多いので、レッスン中に自分が発言する機会はあまりありませんでした。

他の国の生徒はハートが強く下手な英語でもガンガン話しますが、日本人は完璧主義の人が多く、大人数のグループレッスンの中ではなかなか積極的に発言できません。言語習得には会話の量が非常に重要ですが、その機会を作れる日本人は少ないのです。

一方、国内のマンツーマンレッスンでは講師とマンツーマンでのレッスンなので、英語の会話密度が濃くなります。他の生徒の目を気にする必要もありません。ですから、初級レベルの日本人にはたくさん話せるマンツーマンのほうが良いのです。

また、マンツーマンレッスンでは自分のペースで学ぶこともできます。グループレッスンだと一人のために何度も発音矯正することはできません。しかし、マンツーマンレッスンならキレイに発音できるようになるまで何度も繰り返し練習することができます。

つまり、自分に最適化したレッスンが組み立てられるのです。また、日本人には、話す力は弱くても、文法などの英語の知識はある程度身に付いているという人が結構います。特に、大学受験を突破した日本人は、リーディングとライティングはできるけれど、スピーキング、リスニングが弱いことが多いようです。

一方、きちんと勉強して英語の知識を身に付けたわけではなくても、海外留学など生活環境に英語があるから話すことはできるという人が多くいます。彼らは日本人とは真逆で、スピーキングとリスニングはできるけれど、文法が弱いのです。

つまり、日本人と外国人では、英語における得意分野と苦手分野が違うのです。ですから、文法は理解しているけど話せない日本人が他の国の英語学習者と一緒にグループレッスンを受けると、簡単な文法の説明をただ英語で聞いているだけ、という状態になることがあります。

これでは英語が話せるようになるわけがありません。さらに、あなたが初級者であれば、クラスメートも初級者のはずです。教室ではめちゃくちゃな英語が飛び交います。 もちろんグループレッスンにも価値はあります。マンツーマンレッスンでは身に付きにくい集団の中で主張する力が育ちます。

ただ、初級者はマンツーマンレッスンで基礎を身に付けてからのほうが、グループレッスンを効果的に使えます。マンツーマンレッスンとグループレッスンでは英語力の中で鍛える部分が違うのです。

英語力が初級なら、まずは国内のマンツーマンレッスンで基礎的な英語力を身に付けるのがいいでしょう。ちなみに韓国では、はじめは国内でマンツーマンレッスンを受けてから、アメリカやオーストラリアなどに留学するのが一般的です。

たまにフィリピンのマンツーマンレッスンで基礎的な英語力を身に付けてからのほうが、アメリカやオーストラリアのグループレッスンで得るものが多いからです。

INDEX

NEXT:日本語が分かる英語ネイティブのメリット⇒

何故効果の高いマンツーマンスクールが少ないのか?

マンツーマンだとスクールの儲けが少ないから、英会話スクールはやりたがらないんです!

英会話スクールの仕組みとして、小さい金額でも6人とかのレッスンを
すれば、1度のマンツーマンレッスンの2倍以上の収益が出ます。

また、マンツーマンレッスンは先生一人を生徒に独り占めされてしまうため、その一人のレッスン料金が高くなり負担を負わせてしまう割に、スクールの儲けも少ないなど」、得が少ないのがシステムの現状です。

じゃあなんでマンツーマンの英会話スクールはあるの?

それでもマンツーマンレッスンを専門にしているスクールがあるのは、マンツーマンレッスン主体のスクールがビジネスではなく教育面を重視しているスクールだからといえます。
なおかつ、金額として格安でマンツーマンレッスンを行っているAtlas7アクトは業界で一番ユーザーのことを考え、教育を重視しているのがよくわかります。

当サイトスーパーおすすめスクール

                     
Atlasマンツーマン英会話 マンツーマン英会話の7アクト
GABAマンツーマン英会話マンツーマン英会話スクールEnglish Village